いらっしゃ~い!

最近の記事 (*´∀`)/

お客様のコメント

これは、いい物だ!(●´∀`)

おともだち

管理人さん

「飛鳥一等兵」

Author:「飛鳥一等兵」
リアル1stガンダム&ファミコンクソゲー世代のおじさま。「高達オンライン」某部隊長。

大人になって、プレステ買ってみたが、バイオハザードの最初のゾンビがどうしても倒せず、次の日売りに行ったくらいゲームが、ヘタクソ・・・('◇')ゞ

リンク大歓迎です!リンク希望の方は、各記事のコメント欄にカキコ願います。

DATE: CATEGORY: ・ボトムズ09系のAT
(製作:ピカさん)
グレゴルー 5
グレゴルー 6
グレゴルー 7
グレゴルー 8
グレゴルー 9
グレゴルー 1 0
グレゴルー 1
グレゴルー 2
グレゴルー 3
グレゴルー 4
(機体名)     ATMー09-STTC
(リングネーム)  スコープドッグターボカスタム グレゴルー機
(パイロット)   グレゴルー・ガロッシュ上級曹長

(機体解説)
本機は、サンサ戦でグレゴルーが搭乗した機体である。増加装甲代わりの戦車のキャタピラと、
大量の予備ミサイルが特徴的である。またレンズガードの装着など、機体そのものもオドン戦
とは異なる仕様になっているようだ。尚、彼は退役後も好んでこの仕様の機体を使っていた
模様である。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY: ・ボトムズ09系のAT
(製作:オシリナデール大佐) アクティックギアネクストスコープドッグ改造
ドッグマン+009_convert_20100326233459
ドッグマン+011_convert_20100326233533
ドッグマン+010_convert_20100326233514
ドッグマン+012_convert_20100326233549
ドッグマン+013_convert_20100326233609
ドッグマン+014_convert_20100326233626
ドッグマン+002_convert_20100326233258
ドッグマン+003_convert_20100326233319
ドッグマン+001_convert_20100326233242
ドッグマン+004_convert_20100326233335
ドッグマン+005_convert_20100326233351
ドッグマン+006_convert_20100326233408
ドッグマン+008_convert_20100326233440
(機体名)     ATMー09-ST
(リングネーム)  スコープドッグ ドッグマン大尉機
(オーナー)    ドッグマン大尉

(機体解説)
本機は、ザキ基地のドッグマン大尉専用機である。機体は、通常の09を7連装ミサイル
ポッド、HMAT-31無誘導型対戦車ミサイル、GAT-22等で武装し、バックパック
のMCA-628で、兵装制御を行っている。

パイロットのドッグマン大尉は、元プランバンドール機甲大隊の大尉として、惑星ミヨイテ
での数々の作戦を指揮した。百年戦争停戦後は、惑星ミヨイテのザキ基地駐留部隊の司令官
をしていたが、かつての部下である脱走兵メロウリンク・アリティーによって暗殺された。

DATE: CATEGORY: ・ボトムズ09系のAT
(製作:オシリナデール大佐) アクティックギアネクストスコープドッグ改造
レッドショルダーカスタム 5
レッドショルダーカスタム 4
レッドショルダーカスタム 3
レッドショルダーカスタム 2
レッドショルダーカスタム 1
(機体名)     ATMー09-ST
(リングネーム)  スコープドッグ レッドショルダーカスタム
(オーナー)    不明

(機体解説)
本機は、最近ウドの街に現れたATである。通常の09をショルダーロケット弾ポッド、
二連装SMMミサイル、ガトリングガン、ソリッドシューター、GAT-22等で武装
し、背部には、小型火気統制装置を配置している。外観の特徴としては、吸血部隊レッド
ショルダーを意識してか、左肩が、赤く塗られている。(本来は、右肩であるが・・。)

ありがちな重武装カスタム機だと思われるのだが、次回のベルゼルガとのリアルバトルの
チケットは、飛ぶように売れている。何故なら、かつてこの機体と全く同じ姿のATが、
たったの1機で、旧秘密警察とメルキアの第1降下騎兵団を相手に戦い、これを殲滅、
そして3万人以上の死傷者が出た「ウドの崩壊」をもたらしたという噂が、あるからだ。

本機のパイロットは、未だ明かされていないが、古くからウドに住む者の多くが、復習の
念を持ってこのリアルバトルに来場するであろう事をプロモーターは、知っておくべき
である。
DATE: CATEGORY: ・ボトムズ09系のAT
(製作:オシリナデール大佐) アクティックギアネクストスコープドッグ改造
フェイタルギア 1
フェイタルギア 2
フェイタルギア 3
フェイタルギア 4
フェイタルギア 6
フェイタルギア 5
(機体名)     ATMー09-SSC
(リングネーム)  フェイタルギア
(オーナー)    マサカズ・フナキ

(機体解説)
本機は、09の派生機種「パープルベアー」を基に、ブロウバトル専用にチューンされた機体である。
ブロウバトルは、アームパンチやタックル攻撃等の打撃のみで行われるが、それゆえ単調な試合になる
ケースが多い。09用カスタムキット「フェイタル・ギア」は、試合の単調さをスポイルする為に
マッチメーカーと民間カスタムメーカーのコラボにより、「掴む・極める」といった要素を新たな要素
をブロウバトルに取り入れる為に、開発された。

パイロットのフナキは、機体の特徴を最大限に活かした間接技と打撃を融合した攻撃を得意とする。
機体は、フナキにより、装甲板の強化等マッチョなスタイルとしながら、素材の軽量化やマッスル
シリンダーの強化パーツの組み込みなどが行われていて、アグレッシブで、美しい機体となっている。

ボトムズ プラモデル AG アクティックギア ネクスト 改造
DATE: CATEGORY: ・ボトムズ09系のAT
(製作:オシリナデール大佐)
作業ドッグ 004
作業ドッグ 005
作業ドッグ 006
作業ドッグ 007
作業ドッグ 008
作業ドッグ 009
作業ドッグ+014_convert_20091218225937
作業ドッグ+012_convert_20091218225859
(機体名)     ATM-09-ST
(ペットネーム)  カブリオレドッグ
(運転資格)    要フォークリフト運転免許

(機体解説)
本機は、オープントップの作業用09をベースに、L&F社のフォークリフトキットと
マキタの掘削用ドリルをコンバートし、鉱物資源採掘用に特化させた機体である。

カブリオレドッグは、シビリアンモデルであり、本来、固定武装などは、一切搭載されて
いないが、一部、武装を搭載したジジリウム盗堀団の機体などの存在も報告されている。
DATE: CATEGORY: ・ボトムズ09系のAT
(製作:オシリナデール大佐)
空挺+005_convert_20091015103146

空挺+004_convert_20091015103124
空挺+007_convert_20091015103207
空挺+008_convert_20091015103226
(機体名)     ATM-09-ST-C スコープドッグ
(所属部隊)    メルキア戦略装甲騎兵団強襲任務班E分隊

(機体解説)
本機は、メルキア正規軍の精鋭である強襲任務班の専用機である。機体は、パラシュート
降下用09をベースをベースとしながら、特殊任務を確実に遂行させる為、アデルハビッツ社
によるフルチューンが施されている。

強襲任務班は、灼熱の砂漠、極寒地帯、宇宙空間から低深度の水中まで、戦闘がおこりうる
あらゆる状況に投入される。機体は、その変化する環境にあわせ、PR液の配合比率を自動
調整するハイスペックなプラントシステムをコックピット下に配置している。頭部には、外気の
温度、湿度、重力、大気の組成分析等を行う「PRR-9スカウター」を装備、PR液自動制御
装置の能力を最大限に引き出している。脚部のサンドローラーは、状況終了後に、ベースや
ランディングゾーンへ自力で、帰還する為の命綱である。

機体は、任務の特殊性から、ギルガメス・バララントのあらゆるAT用ウエポンの運用を可能
とするミッションディスクを装備している。写真の機体は、GAT-22SD3、3連装ミサイル
ポッド、7連装ロケットランチャー、7連装ミサイルポッドを装備している。

特殊任務班の7連装ミサイルポッドの発射口には、一様に、異物混入防止用のシートが
被せられているが、部隊の所属基地に、非人道的として使用が、禁止されているクラスター
ミサイルや、劣化ウラン弾頭を搭載した建造物貫通型ミサイルが、納入されているという
未確認情報があり、これらの使用を隠蔽するためのものだという噂が、絶えない。
DATE: CATEGORY: ・ボトムズ09系のAT
(製作:唯緒さん)
AT1_convert_20090823172738
AT2_convert_20090823172807
AT3_convert_20090823172837
AT4_convert_20090823172924
AT5_convert_20090823173011
(機体名)     ATM09-X3 
(リングネーム) アンダーテイカー
(オーナー)    リオ=サブドゥア”

(機体詳細)
本機は、09型を、サイズをそのまま、限界まで高出力、高機動化した
特装機である。膝下の降着機構を省き、強力で大型の内燃機関式
滑走ユニットを搭載、整地不整地を問わず、長時間、安定した高機動
性能を発揮し、ブースターを、併用する事で、同形式の弱点とも言える、
低回転時の加速性能を大幅に補う。

バックパックは、専用のMCと組み合わされる事で、09型一機分の
エクストラパワーを発生、それに耐えるフレームは、素材レベルから
見直された高剛性の専用品である。

主武装は、銃身を、ソウドオフし、ケースレス化した、クエント製GAT
40-K、左腕には、大型のアイアンクローとパイルバンカーを組み
合わせた専用ユニットを装着、右側の、シールドは、その重量で、
利き腕の動きをスポイルしない様、バックパックにマウントされ、独立
して作動する。

痩身長躯で、冷静沈着な、元メルキア軍の黒人パイロット ”リオ=
サブドゥア”は、金を貰って、ターゲットを抹殺する、裏の”始末屋”。

強力なATと、明晰な頭脳、超絶のスキルを駆使し、悪徳マッチメーカー
からボトムズ乗り、果てはマフィアのボスから、軍の高官まで、依頼を
完璧にこなす。

強襲、暗殺以外に、リアルバトルの体を装って、”仕事”を、する事も多く、
その時は、”アンダーテイカー(葬儀屋)”の、リングネームを使う。
”10割の勝率”は、脅威であるが、賭け試合としての魅力に乏しく、対戦
相手に一貫性が無く、ショーマンシップな試合運びとも縁が無いため、
観客の注目度は低い。
DATE: CATEGORY: ・ボトムズ09系のAT
(製作:ピカさん)

098+033_convert_20090622221053.jpg
098+034_convert_20090622221121.jpg
098+040_convert_20090622221145.jpg
098+053_convert_20090622221326.jpg
098+048_convert_20090622221302.jpg
098+046_convert_20090622221237.jpg
(機体名)     ATM-09-ST
(リングネーム)  ゴールデンハーフスペシャル
(オーナー)    ガナード
(パイロット)    デニス チェンバース

(機体解説)
09系に自由な改造を施すのは、何もバトリング選手だけではない。
軍よりも兵器類の改造が、自由な非合法の武装集団では、ATの
改造は日常茶飯事で、それら改造機の多くは、平凡なスクラップの
寄せ集めに過ぎないが、一部には優秀な機体や想像を絶するような
機体も存在する。

ゴールデンハーフスペシャルは当然後者である。09系と14系の
部品を繋ぎ合わせた、無茶な合成AT。機動力はスコープドックに、
劣るが、出力は14系の為、09系を凌駕するパワーを持つ。

更に搭乗者デニス チェンバースは敢えてボロボロの外観を維持し、
中身をチュ-ニングする事で対戦相手を油断させる事を好んだ。
DATE: CATEGORY: ・ボトムズ09系のAT
(製作:オシリナデール大佐&マロンさん合作) アクティックギアネクストスコープドッグ改造
IMG_5198.jpg
IMG_5200.jpg
IMG_5201.jpg
IMG_5203.jpg
IMG_5210.jpg
IMG_5209_convert_20090618113447.jpg
IMG_5205_convert_20090618113420.jpg
IMG_5206.jpg
(機体名)     ATM-09-STTC
(リングネーム)  レッドショルダーカスタム
(オーナー)    ダルマ商会
(パイロット)    ブライア・ジョンストン伍長

(機体解説)
ギルガメス軍制式M級カスタムAT。脚部裏のブースターとMCA-628
兵装制御コンピューターが、特徴的な、対地上高機動戦機。特に、
ブースターは、標準型GHの数倍の加速を叩き出すという代物で、
これにより、非常に高い機動力を発揮する事が出来る。反面、機体
の安定性・操作性は最悪で、相当の熟練兵でなければ乗りこなせ
ない。事実、動機は、制式採用されたものの、事故の続出によって
わずか半年間で生産が、打ち切られている。この機体を採用した
部隊は、全滅したと噂されており、本機がここに現存することは、
まさに奇跡である。

パイロットは、ブライア・ジョンストン伍長。下半身不随の身であり
ながら、ターボカスタムを自在に操る猛者だ。彼は、過去の戦いで、
身体にに重度の障害を負ったと語るが、真実は、レッドショルダー
部隊内における集団リンチによるものである。

彼は、吸血部隊機にあえて搭乗し、忌まわしき戦友からの挑戦
を待っているのだ。

敵の血潮で濡れた肩。地獄の部隊と人の言う。ウドの街に、
百年戦争の亡霊が蘇る。

パルミスの高原、ミヨイテの宇宙に、無敵と謳われたメルキア装甲
特殊部隊。情無用、命無用の鉄騎兵。
この命、30億ギルダン也。最も高価なワンマンアーミー。
DATE: CATEGORY: ・ボトムズ09系のAT
(製作・ピカさん)

098+022_convert_20090608233119.jpg
098+023_convert_20090608233152.jpg
098+013_convert_20090608232903.jpg
098+015_convert_20090608232934.jpg
098+020_convert_20090608233006.jpg
(機体名)     ATM-09-STC
(リングネーム) ストロングバックス
(オーナー)    ヴィクター・ベイリー
(機体解説)
本機は、09系の装甲強化型カスタムATである。その由来については、バトリング
専用カスタム説と軍内部で戦闘用にカスタマイズされた機体だとする2説がある。
機体そのものは装甲厚の増大、ガードの追加による生存率の向上、重量増大に
よる活動時間の低下などを特徴とするパワ―型の機体で、バトリング用ATとして
の人気は高い。また短時間の迎撃戦闘にも威力を発揮し、09系最強の機体と
言われるブルーティッシュドッグを撃破した例も存在する。

copyright © BATTLING ARENA all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
まとめPowered by FC2ブログ