いらっしゃ~い!

最近の記事 (*´∀`)/

お客様のコメント

これは、いい物だ!(●´∀`)

おともだち

管理人さん

「飛鳥一等兵」

Author:「飛鳥一等兵」
リアル1stガンダム&ファミコンクソゲー世代のおじさま。「高達オンライン」某部隊長。

大人になって、プレステ買ってみたが、バイオハザードの最初のゾンビがどうしても倒せず、次の日売りに行ったくらいゲームが、ヘタクソ・・・('◇')ゞ

リンク大歓迎です!リンク希望の方は、各記事のコメント欄にカキコ願います。

DATE: CATEGORY: ・その他のボトムズAT
ガンオンも3年を超えて、機体とコストが、
見合っていないものが、多く見られるように
なってきた。そもそもデッキコストが、
10刻みなのに、なぜ機体コストは、20
刻みなのか全く意味が、わからない。

機体コストを10刻みに見直す事によって、
誰も使わない微妙機体もデッキに入るように
なると思う。

【ジオン軍】におけるコスト改定案を下記に
記す。なおコストの算定基準は、以下のように
した。

・基本、機体の強さに見合ったコストとする。
・不人気の機体は、優遇措置として、コストを
下げる。
・「理不尽に強いコワレ武器」を持った機体の
コストは、上げる。
・格闘機産廃化に伴い、格闘機のコストは、
下げる。
・デブは、不具合なので、コストを下げる。

◎強襲
 ザクⅠ 200→190
 ノリザク 260→240
 ゲラザク 280→260
 デザク(強) 260→260
 ⅡF(強) 220→210
 ドズル 300→260
 ⅡF2(キンバ) 300→270
 ⅡF2(特殊) 300→280
 FS 280→280
 ザクⅡ改 320→320
 フェンリル 280→260
 ライデンザク 340→300
 ⅡS 240→240
 シャアザク 300→300
 グフ 240→240
 マ・グフ 260→250
 グフカス 320→300
 グフフラ 340→330
 イフ 280→280
 イフ改 320→300
 ナハト 300→300
 シュナイド 340→310
 ドム 280→260
 トロピカル 260→240
 高ドム 300→290
 トローペン 300→290
 ドワッジ改 340→300
 リックドム 280→250
 ヅダ 260→220
 マレット 340→330
 先ゲル 340→330
 シャアゲル 340→340
 高ゲル 340→340
 VGゲル 340→330
 ライゲル 340→330
 ゲルM 280→280
 シマゲル 340→340
 ギャン 340→300
 エーオース 340→320
 ガルバルα(強)320→310
 プロケン 340→320
 ケンプ 360→360
 ゴッグ 260→250
 ハイゴ 320→300
 アッガイ 220→210
 ズゴ 260→250
 ラム 280→250
 ズゴE 340→320
 ゾゴ 300→270
 BD2 340→340
 GP02 360→350
 テトラ 360→380
 リックディアス 300→300
 キュベ 380→360
 バウ 380→350
 レズドーガ 340→330
 袖付 320→310
 ズール 320→310
 マラサイ 320→300
 Sガルス 300→300

◎重撃
 ⅡJ 200→210
 ⅡF(重) 200→220
 ⅡS(重) 240→230
 デザク(重) 240→230
 ⅡF2 260→280
 フリッツ 320→300
 VGザク 320→300 
 ハーフ 300→280
 高ザク(3S) 280→270
 マツザク 300→280
 サイコ 340→380
 イフ(シュナ重) 280→270
 寒ドム 280→270
 ドムⅡ 300→290
 ペズン 340→310
 アクト 340→310
 ゲル 300→300
 陸ゲル 320→320
 ゲルキャ 320→320
 ライゲル 340→320
 マツゲル 340→320
 ガルバルα(重) 280→260
 重ケンプ 360→340
 マリン 220→210
 マリナー 260→260
 ジュアッグ(重) 260→260
 残ズゴ 300→280
 ゾック 320→300
 ドルブ 300→280
 ハイザック 280→280
 Sディアス 340→330
 ガザC 260→250
 ガルス 320→300
 ズサ 300→300
 重ドーガ 320→320

◎支援
 オッゴ 160→160
 プロザク 180→180
 ワーカー 200→220
 マイン 220→220
 JC 240→230
 マリン(支) 240→230
 タシロ 240→240
 フリッパー 320→280
 ザクタン(支) 260→200
 アッグ 240→240
 アイザック 320→280

◎砲撃
 ザクタン(砲) 200→200
 マカク 280→280
 ザクキャ 220→200
 グレーデン 240→240
 ⅡF(砲) 260→220
 ドムキャ単 280→240
 ドムキャ複 280→240
 ゲルキャ(砲) 320→300
 ギガン 240→250
 ジュアッグ(砲) 280→320
 ザメル 340→300

◎狙撃
 クソスナ 220→220
 指揮スナ 260→260
 ⅡF(狙) 280→300
 ⅡS(狙) 300→310
 アクト(狙) 340→360
 ゲルJ 320→320
 ハイカス 320→340

この記事は、定期的に見直すので、ご意見よろしくお願いします。

↓クリックしてくれると、とってもうれしいです!







 

  
 
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY: ・その他のボトムズAT
(製作:オシリナデール大佐) アクティックギアファッティー改造
ファッティー陸戦B型
ファッティー陸戦B型
ファッティー陸戦B型
ファッティー陸戦B型
ファッティー陸戦B型
ファッティー陸戦B型
ファッティー陸戦B型
ファッティー陸戦B型
ファッティー陸戦B型

(機体名)     B・ATM-03-GB
(リングネーム) ファッティー陸戦B型
(オーナー)    スコット・モートン

(機体解説)
本機は、バララント軍の03型を陸戦用に特化させた機体である。主に、後方支援を目的として、
陸戦型のファッティーに3連装ミサイルポッドx2、スモークディスチャージャーを背面に装備。
主兵装は、A型と同じくG-BTM-07ガトリングガンを装備している。陸戦型ファッティーは、
大型グライディングホイールを標準装備し、ギルガメス軍のスコープドッグを凌駕する機動力を
武器に、華々しい戦果をあげた。

パイロットのスコット・モートンは、元メルキア軍情報部の特殊作戦部隊付けの技師で、主に
ミッションディスクのプログラミングを担当していた。かの「クエント事変」において、秘密結社
の動きを察知したメルキア軍情報部は、この部隊を率いるであろうPSの存在に着目し、作戦に
投入する特殊部隊用ATのミッションディスクを全て、対PS用としてチューンするよう彼に命じた。

モートンは、X・ATM-02ストライクドッグと護衛機のATH-14-SAスタンディング
トータスMk.Ⅱのデータを基に、ミッションディスクを作成したが、秘密結社は、護衛機に、
新型機のX・ATL-01-DTツヴァークを投入、メルキア軍特殊部隊のATの大半は、対PS
プログラムを使用する事なく、このツヴァークにより殲滅され、惑星クエントは、消滅するに至った。

「クエント事変」によって訴追され、退役したモートンは、バララント軍のファッティーを高度な
プログラミング技術をいかしチューンナップ、名ヒールとして、活躍する傍ら、AT用ウイルス対策
ソフト「モートン」を発売、同ソフトは、感染すると降着状態から、ATが機能を停止するウイルス
「白い木馬」の大流行により、売れに売れている。

DATE: CATEGORY: ・その他のボトムズAT
(製作:上等兵さん)
ストライクドッグ1_convert_20100114114508
ストライクドッグ3_convert_20100114114649
ストライクドッグ2_convert_20100114114550
ストライクドッグ31_convert_20100114114919
ストライクドッグ42_convert_20100114114945
ストライクドッグ35_convert_20100114114714
ストライクドッグ5_convert_20100114114801
ストライクドッグ14_convert_20100114114533
ストライクドッグ43_convert_20100114114742
ストライクドッグ11_convert_20100114114840
ストライクドッグ23_convert_20100114115121
ストライクドッグ323_convert_20100114115012
ストライクドッグ53_convert_20100114115105
ストライクドッグ34_convert_20100114115030
ストライクドッグ23_convert_20100114114631
(機体名)     X.ATM-02
(ペットネーム)  ストライクドッグ
(オーナー)    プロト・ツー

(機体解説)
本機は、秘密結社によってPS用に開発された、H級ATであり、純粋にPS用として開発された
最初の機体とされている。バックパックと脚部に装備されたスラスターによって、宇宙空間
で比類ない機動性を発揮し、大気圏内でも短時間ながら飛行が可能という。

左腕には、11ミリ機銃とアイアンクローを装備。PRSPは、当時最高性能のものを装備して
いるが、大出力のマッスルシリンダーによるPR液の劣化に、追いつかない。その為に、
稼動時間や整備性に大きな問題を抱えている。

7214年7月、不可侵宙域に侵犯したギルガメス軍宇宙戦艦テルタインは、秘密結社が、
使用していたとされており、鎮圧行為の名目で、接近したバララント哨戒部隊と交戦中、
戦闘に参加、相当数の戦闘機、ATの撃墜をしているという記録がある。

その後、非公式に惑星サンサにて同型機体を拿捕、その後のバララントAT開発の雛形に
なっているというが、詳細は定かではない。また、後にギルガメスで採用される量産型H級AT、
XATH-02ーDTは同型機の簡易量産型という説がある。
[DVD] 装甲騎兵ボトムズ DVD-BOX I

[DVD] 装甲騎兵ボトムズ DVD-BOX I
価格:14,677円(税込、送料別)

DATE: CATEGORY: ・その他のボトムズAT
(製作:オシリナデール大佐)
カンユー+009_convert_20100109020453
カンユー+003_convert_20100109020301
カンユー+005_convert_20100109020341
カンユー+006_convert_20100109020403
カンユー+007_convert_20100109020421
カンユー+008_convert_20100109020437
カンユー+004_convert_20100109020316
(機体名)     ATH-06-ST
(ペットネーム)  スタンディングビートル
(オーナー)    カン・ユー大尉

(機体解説)
本機は、スタンディングビートルをベースに湿地仕様へと改造されたカスタムATである。

独立統治国家クメン王国は、カンジェルマン殿下崩御後、クメン人民共和国として、メルキア
の統治下におかれた。しかし、その事変により、かえってカンジェルマンは、神格化され、
貧民階層を中心に依然として反政府ゲリラ「ビーラー」の行動は、ますます活性化している。
重症を負い闘病中だった元傭兵部隊アッセンブルEX-10のカン・ユー大尉は、退院後
、メルキア軍特殊傭兵部隊EX-10部隊長(メルキア軍大尉)として徴用され、このAT
は、彼の要望により、メレンブルグ社において仕上げられた傭兵部隊長用のワンオフ機である。

機体は、標準機のスタンディングビートルをベースとした事で、バックパックの運用が可能
となっている。局部は、スワンピークラッグを装備した湿地仕様がコンバートされ、ジャン
グル戦に特化した機体となった。固定武装として、7連装ミサイルランチャーを装備して
いるが、きりもみ降下型の多弾装爆雷型ミサイルである。

また大尉の要望で、僚機の位置を表示するGPSマップシステムとマルチビューシステムが
装備されている。マルチビューシステムとは、僚機のメインカメラに取り付けた発信機で、
受信側の部隊長が、僚機と同じ情報をパイロットゴーグルで見る事が出来るというシステム
である。かつてメルキア軍情報部が開発し、敵部隊にも情報が漏洩する恐れがあるとして
配備が見送られたシステムであるが、新人傭兵隊員の徴用審査に必要との大尉の要望により
搭載された。しかし、オーナーATパイロットの多い傭兵部隊熟練兵達からは、送信機の
設置をかたくなに拒否されているようである。
DATE: CATEGORY: ・その他のボトムズAT
(製作:上等兵さん)

to2_convert_20100101234829.jpg
to3_convert_20100101234846.jpg
to4_convert_20100101234905.jpg
tp5_convert_20100101234922.jpg
(機体名)     ATH-14-SA
(ペットネーム)  スタンディングトータスMK-Ⅱ
(搭乗者)     一般兵

(機体解説)
本機は、ウットヘルト社開発によるギルガメス軍正式H級ATである。14系は百年戦争
後期に開発され、H級ATとして最もスタンダードな機種として、大戦末期、450 万~
700万機にのぼる機数が製造された。汎用性においては09系に及ばないものの、余裕の
ある機体設計により局地戦用の改造が容易であった為、湿地仕様のWP型をはじめ、数々
の成功したバリエーションが存在する。

宇宙用に改修された本機は、背部に大型スラスターを搭載し、脚部にもバーニアを装備
し、宇宙艦載機に匹敵する機動力、超高高度からの降下能力を併せ持った。

装備の換装をすることなく地上での作戦を遂行可能であり、このことにより大気圏外から
の巡洋艦からの突入、降下/占領作戦も可能となった。その他、拠点攻略時にはSMATー32
を背部に装備したり、X・SAT-01ソリッドシューター、HMAT-38 ハンディミサイル
ランチャーなどの重火力を擁する装備も仕様するなどして圧倒的な火力支援を行える。

14系の中でも最も高価なバージョンと言われている。
DATE: CATEGORY: ・その他のボトムズAT
(製作:上等兵さん)

rabi1+(1)_convert_20091231012626.jpg
rabi1+(2)_convert_20091231012641.jpg
rabi4_convert_20091231012816.jpg
rabi4+(1)_convert_20091231012903.jpg
rabi4+(2)_convert_20091231012934.jpg
rabi4+(3)_convert_20091231012951.jpg
rabi1+(5)_convert_20091231012751.jpg
rabi4+(6)_convert_20091231013044.jpgrabi1+(3)_convert_20091231012704.jpg
rabi4+(4)_convert_20091231013012.jpg
(機体名)     X・ATH-02-DT
(ペットネーム)  ラビドリードッグ
(搭乗者)     キリコ=キュービィ

(機体解説)
本機は、百年戦争終結から、第四次銀河対戦開戦まで、ごくわずかな期間ギルガメス軍
にて採用されていたH級ATである。

主兵装として、X・SAT-06ハンディ・ソリッドシューター、固定武装として、左手に
アイアンクロー、また機雷を内臓したバックパックを装備。砂漠走破用に、装備された
サンドトリッパーは、名前に反しあらゆる地形に対応し限界装甲速度は108Km/h、
巡航速度は 62Km/hと09系ATとは比較にならない運動性を誇る。

同時開発のX・SAT-06ハンディ・ソリッドシューターは、発射時の反動の軽減に成功し、
片手でも問題なく発射時に保持することが可能となった。

主な配備地域は、アコバなど。ただ、正式採用される直前に、クエント消失の原因
となった大規模戦闘にて「秘密結社」が、同型機を参加させていたという情報もあるが
憶測の域を出ない。

死にかけた神が呼んでいる。
全宇宙を敵にしても、我が下に来るべし。
我は与えん、無限なる力を。
我は伝えん、3000年の愉悦を。
神なる者の壮大な誘惑。
人たる者の壮絶なる決意。
いまクエントに、最後の戦いが始まる。 全てを得るか、地獄に落ちるか。
DATE: CATEGORY: ・その他のボトムズAT
(製作:ねこさん)

xath-11tc02_convert_20091122231904.jpg
xath-11tc03_convert_20091122231928.jpg
xath-11tc04_convert_20091122231946.jpg
xath-11tc05_convert_20091122232011.jpg
xath-11tc06_convert_20091122232027.jpg
xath-11tc07_convert_20091122232046.jpg
(機体名)     X・ATH-11-TC オーデルバックラー
(パイロット)   テイタニア・ダ・モンテウェルズ 

(機体解説)
本機は、不可侵宙域「惑星ジアゴノ」の「聖地アレギウム」防衛用に、「宗教結社
マーティアル」によって、独自に開発された「XATH-11 エルドスピーネ」を基本
設計に、ワンオフで仕上げられたスペシアリティ機体である。

エルドスピーネは、アレギウムを守護する「力の象徴」として存在しているが、その
構造、及び性能は、謎のベールに包まれている。本機「オーデルバックラー」は、
先の式典において、初めてその存在が、確認された。
DATE: CATEGORY: ・その他のボトムズAT
(製作:唯緒さん)

XB2_convert_20091122230819.jpg
XB3_convert_20091122230839.jpg
XB4_convert_20091122230856.jpg
(機体名)     BATM03-XB ”ハンプティー”
(オーナー)    バララント軍兵士

(機体解説)
大戦末期、BATM03のアップデートプランとして、平行試作されていた
うちの一機が、このBタイプである。

試作された小型ジェネレーターと専用の冷却装置が組みつけられ、
ベースになっている、3型ATの約二倍に達する出力を発生する。

空間稼動用エンジンと、ホバーユニットを廃し、複帯式の滑走装置に、
ボルトオンのブースターユニットを組み合わせる事で、ギルガメス09式
ATの高機動型に匹敵する運動性を実現、更に、軽量で、強靭な成型
複合装甲板を大量に追加し、マシンのサバイバリティーを飛躍的に
向上させている。(試作機の製作にあっては、流通量の多い、ギルガ
メス製AT用のパーツも一部使用されいると報告されている)

”ハンプティー”のペットネームを与えられた、XB数機が上げた、ずば
抜けた戦果は、ジェネレーター併用方式ATの有用性を表すものとして、
そのコンセプトが、後のブロッカー?へと、うけつがれる事となる。
DATE: CATEGORY: ・その他のボトムズAT
(製作:上等兵さん)

PB010160_convert_20091113092210.jpg
(機体名)     ATH-14-ST スタンディングトータス
(オーナー)    不明

(機体解説)
崩壊前のウドにて目撃されているトータスタイプ。アームパンチが、
ないことから製造初期ロットと思われる。同型、同色の機体を所有
しているオーナーがいた模様。手首の装甲がついていないことから
実戦ではなく、エキシビジョン用の機体としてあてがわれていた
可能性がある。
DATE: CATEGORY: ・その他のボトムズAT
(製作:上等兵さん)
逕サ蜒・095_convert_20090717102637
逕サ蜒・092_convert_20090717102452
逕サ蜒・094_convert_20090717102602
逕サ蜒・093_convert_20090717102528
逕サ蜒・099_convert_20090717102710
逕サ蜒・100_convert_20090717102742
逕サ蜒・101_convert_20090717102814
(機体名)     ATH-Q58
(リングネーム) ベルゼルガDT
(オーナー) 不明

(機体詳細)
本機は、クエント消滅の際に起こったギルガメス/バララント連合軍による
秘密結社との大規模戦闘の際に確認された、旧型のベルゼルガである。
ギルガメス軍資料によれば、同機体は数十機の秘密結社の部隊が、
クエントの砂漠を強行突破しようとした際、単機にて援護をしていたという。

特徴は、脚部に装備した砂漠走破用のサンド・トリッパー。脚部から伸びる
パイプから動力を供給しているものと思われる。秘密結社のAT隊は、相当
な機動力をもっていたにも関わらず、H級かつ旧型のこの機体が、追走でき
ていた事実から、マッスルシリンダーも当時最新型のものに換装されていた
と推測される。

装備しているアサルト・ライフルだが、砲身が長く、取り回しに難がありそう
なものだが、この機体は「片手で」正確な援護射撃をしていたいう報告が、
されている。機体性能はともかく、相当な熟練パイロット(あるいはPS)が、
操縦していたと推される。

恐らくは、秘密結社の機体と推測されるが、クエント奥地に向かう秘密結社の
隊長機と思われるX.ATH-02-DTから銃撃を受けて中破したという報告例が
ある為、正体は不明。だが、当時の状況報告が、かなり混乱していたことも
あり真相は定かではない。

copyright © BATTLING ARENA all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
まとめPowered by FC2ブログ