いらっしゃ~い!

最近の記事 (*´∀`)/

お客様のコメント

これは、いい物だ!(●´∀`)

おともだち

管理人さん

「飛鳥一等兵」

Author:「飛鳥一等兵」
リアル1stガンダム&ファミコンクソゲー世代のおじさま。「高達オンライン」某部隊長。

大人になって、プレステ買ってみたが、バイオハザードの最初のゾンビがどうしても倒せず、次の日売りに行ったくらいゲームが、ヘタクソ・・・('◇')ゞ

リンク大歓迎です!リンク希望の方は、各記事のコメント欄にカキコ願います。

DATE: CATEGORY: ・旧日本陸軍基本教練
(BGM 日本陸軍)←クリック!

10月7日(日)に、愛知県安城市某所において、「第六回 一四五挺進隊教練会」が、
開催されましたので、レポート致します。

参加者は、佐一小隊長、タカタ伍長、伊藤一等兵、飛鳥一等兵、池内一等兵(大阪)、
ネジ一等兵(静岡)の六名。
IMG_2739_convert_20121014224432.jpg
前回は、猛烈な蚊の攻勢に苦しんだが、異常気象のせいか、10月になった今も
その勢いは衰えていない。各自、蚊取り線香、蚊追粉など、万全な体勢で、これを
迎え撃つ。教練は、朝の9時から15時位まで。初年兵は、みっちり仕込まれる。
kyouren5 (2)
神聖なる連隊旗を前に、まずは、「不動の姿勢」から。
kyouren5a (1)
「右向ケ右」「廻レ右」など。地面が草ボーボーなので、大変動作しにくい。
kyouren5 (5)
「捧銃」「担銃」など。銃の角度など細かいところまで、練習する。
kyouren5 (6)
「着剣」「脱剣」など。
kyouren5 (1)
全隊員は、いつでも下士官が出来るように訓練する。小隊長からの命令の受けごたえ、
分隊指揮、号令点呼などを特訓する。挺進隊員は、突撃部隊なので、不測の事態において、
いつでも誰でもが、下士官として、部隊を指揮が出来なければならない。
kyouren5a (2)
行軍や、傘型散開による戦闘訓練、戦闘時の指示の出し方なども演習した。
IMG_2762_convert_20121014224647.jpg
午後からは、一四五挺進隊のプロモーションビデオの撮影も行った。

挺進隊は、「本物の日本兵」になりたい貴君を待っている!参加されたし!
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY: ・旧日本陸軍基本教練
kyourenn1 (4)

「敬礼」  (小銃携行時、下士官や上級の兵に対する敬礼)

上官殿に対して頭中を行い、上体を「約15度」傾ける。上官殿の答礼が
終わったら、不動の姿勢に戻る。(上官より先になおった兵は、鉄拳
制裁。)
お辞儀の動作中も常に上官殿の目を見ている事。

第三回 (9).mpg_000052033

「捧銃」  (小銃携行時、将校や軍旗などに対する正式な敬礼)

(ササゲツツ)は、2動作。「ササ~ゲ~」で、捧銃である事を認識し、
「ツツ!」で動作する。

①「タァ~ツ!」で、上記写真の状態。右手は、下帯の下を握り、左手は、
 親指を立て、 銃床の凹部に沿わせ、軽く保持する。左前腕は、地面
 と並行にして、銃は、体の中心かつ垂直にする事。 (左手は力を抜く
 と、自然に小銃が、真っ直ぐ立ちます。)

②で、頭中。(動作した事が、わかるよう機敏かつ大袈裟に動作する事。)

kyourenn1 (1)

「立テ銃」  (不動の姿勢に戻す動作)

(タテツツ)は、2動作。「タ~テ~」で、立銃である事を認識し、「ツツ!」で
動作する。

①「タァ~ツ!」で、上記写真の状態。頭と左手は、不動の姿勢に戻す。
 右手は、腰のあたりのさで、一旦止める。小銃は、前方向に
 10°程度傾いた状態。


kyourenn1 (2)

②で、傾けていた小銃を振り子の要領で、手首を中心にくるっとまわし、
真っ直ぐにする。(この時は、まだ床尾板を地面につけてはいけない。)

③で、「ガシャン!」と音を立てて銃を地面に立て、不動の姿勢に戻す。

この3つの動作と「ガシャン!」が、全員で、揃った時、
陛下の栄えある皇軍
となる。

※8・15 てつ@萌幹教殿の教育的指導が、ありましたので、
 修正致しました!申し訳ありませんでした!以後、気をつけます。

DATE: CATEGORY: ・旧日本陸軍基本教練
過去に掲載した内容であるが、再アップ致します。(使用小銃は、
三八式とする。)
fudou_convert_20111026100536.jpg

「不動の姿勢」 

「気ヲ著ケ(キヲツケ)」の号令で、この姿勢をとる。号令について動作は、
機敏に行う事!


不動の姿勢というからには、周りがいかなる状況であろうとも(隣の
兵隊が、ビンタされていたとしても)この姿勢を崩しては、ならない。

「恐れ多くも天皇陛下の栄えある帝国軍人である。」という事を自覚し、
「身も心も形も動かない。」事が、重要である。(「恐れ多くも」や
「天皇陛下」、「陛下」などの言葉を耳にせし場合は、いかなる状況
であっても不動の姿勢をとる事!)

立っているだけで、「ラオウのような敵を威圧する覇気」が、出て
いなければならないのだ。

背筋をピンと伸ばし、両肩は少し後ろに引き、軽く下げる。腕は、
自然に降ろし、手の指を全部伸ばしてそろえ、中指を軍跨の
縫い目に合わせる。踵は、一線上に揃え、つま先を60度に開く。

そして、ここがキモになるのだが、頭部が、足の中心にくるように
「上体を軽く前へ傾ける」
のだ。両踵を上に持ち上げて、戻した
時の姿勢
がそれに当たるので、繰り返して身に付ける
と良いだろう。

軽くあごを引き、口は閉じ、目を見開き、前方を見据える。右手は、
手首を曲げ下帯の下あたりを親指と人差し指の間におく。他の指は、
揃えて軽く伸ばす


銃口と右乳との間の距離をこぶし一つ分開ける。その結果として、
右足つま先と銃との距離が、こぶし一つ分開いていれば、正しい
姿勢である。銃は、勿論、垂直でなければならない。

「休メ」 

「ヤスメ」の号令で、左足を足1ツ分程度、つま先の方向へ出す。

「ナオレ」、「キヲツケ」の号令で、不動の姿勢へ、機敏に戻す事。


「頭中」

2動作。「小隊長殿にカシラ中!」等、号令がかかったら、授礼点の
小隊長へ向け、機敏に首を振り、頭を向ける。小隊長殿が、自分の
正面におられる場合は、軽くあごを上げる
(頭を動かしましたという動作が、伝わるように動かす事。)

「ナオレ」、「キヲツケ」の号令で、不動の姿勢へ、機敏に戻す事。

※号令をかける分隊長は、捧銃を行う。

隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(3)_convert_20111024232155

「右向ケ右」

2動作。「右向ケェ~」で、右方向に向く事を認識し、「右ッ!」で、
動作する。

銃を握った手を腰骨のあたりに引き付け、同時に、右足と
左つま先を軽く浮かし、「左踵」を中心に、90度回転する。

②銃を機敏に降ろし、不動の姿勢をとる。

「左踵」を中心に、コンパスのようにクルッとまわる事が、重要で、
腰を回したり、足を曲げたりと不動の姿勢を崩すような動作は、
してはならない。銃は、腰にひきつけてしっかり保持していない
と回転の時、銃が振られて、バランスを崩す原因となる。
「左向ケ左」も同様。

「後右」

(マワレミギ)4動作。「マワ~レェ~」で、マワレ右である事を認識し、
「右ッ!」で、動作する。まわり方は、小学校で覚えた要領である。
動作中、膝を曲げない事!

銃を握った手を腰骨のあたりに引き付け
 、同時に、右足をそのままの角度で、後ろにずらす。右つま先が、
 左踵の所にくるようにする。

②右足と左つま先を軽く浮かし、「左踵」を中心に、180度回転する。

③右足をそのままの角度で、後方に引き付ける。両踵は、揃って
 いなければならない。

④銃を機敏に降ろし、不動の姿勢をとる。
DATE: CATEGORY: ・旧日本陸軍基本教練
三十八年式歩兵銃の各部名称を下記に、図解致します。
type 38 c
旧日本軍の将兵は、小銃の各部名称を覚えておきましょう。
DATE: CATEGORY: ・旧日本陸軍基本教練
(BGM 暁に祈る ) ←クリック!

本日は、7・15に行われた「第五回一四五挺進隊教練会」のもようをお伝えするーッ!
IMG_2201.jpg
挺進隊教練会は、帝国軍人として恥ずかしくない規律や動作を身につけんとする為、
不定期で行われている会合であります!
IMG_2196_convert_20120718090912.jpg
今回は、「一四五挺進隊関西支部長」の池内一等兵殿も、はるばる大阪より駆けつけた!
左より、池内一等兵、タカタ五長(奥)、伊藤一等兵(前)、飛鳥一等兵。
IMG_2190_convert_20120718090751.jpg
一四五挺進隊の新兵器「チ式軽機関銃」(zb26)。
IMG_2200_convert_20120718091004.jpg
御殿場コンバットの支那兵どもを撃滅し、鹵獲せし分隊支援火器だ。他の部隊に、
さしくられないよう部隊名を明記w
IMG_2197_convert_20120718090926.jpg
軽機関銃手に任命された、伊藤一等兵。中部戦線2010では、九九式軽機関銃で、
米落下傘部隊を撃滅せし(大本営発表)名機関銃手である。
IMG_2198_convert_20120718090939.jpg
先任機関銃手として、新兵の櫻井一等兵への教育をお願い致します。
kyouren0715 (2)
今回、教官の佐一小隊長殿が遅刻の為、タカタ五長の指導のもと、池内初年兵の
教育が行われたーッ!挺進隊の訓練は、厳しいッ!

        「軍旗に対し敬礼ッ!捧ァ~ゲ~銃ーッ!」
kyouren0715 (1)
「担エ銃」は、背負った時の姿勢が、重要だ。実際には、行進前の動作の一部であるから
「前エーッ!」の掛け声で、担い「進メッ!」で、行進する。
kyouren0715 (3)
「着ケ剣」は、攻撃前の準備動作であるから、迅速かつ確実に行うべし。着剣装置への装着
以降の動作は、全員で合わせて行うよう、反復練習した。
kyouren0715 (4)
「脱レ剣」は、剣鞘に銃剣を収める手前の動作で一度動きを止め、全員で、「ガシャン!」
と合わせて、剣を収める事とした。これは、ビデオで見ると大変格好が良い。
kyouren0715 (5)
「組メ銃」は、銃の槊杖同士を組み合わせて、銃を保管する動作である。
kyouren0715 (6)
「着ケ剣」した状態での「組メ銃」なども反復練習した。模擬銃剣なので、刃は
付いていないが、目をついたりしないよう、特に注意スベシ。
kyouren0715 (7)
不測の事態においても、各人が部隊の指揮を摂れるよう練習する。分隊の集合から、
指揮官への報告などの一連の流れを覚える。不慣れなので、皆ぎこちなかった。
普段から、台詞を復唱し、体得しておくと良いだろう。
IMG_2202_convert_20120718091018.jpg
真夏日和で、食中毒を警戒し、お昼は、カップメンを食した。昼すぎに小隊長殿到着。
大変暑かった為、差し入れの「ガリガリくん」が、格別に美味であった。

この後、部隊紹介用のプライベートビデオを撮影、和歌山戦線の作戦を練り、解散した。
IMG_2203_convert_20120718091030.jpg
最後に、一四五挺進隊関東支部長のひよっこ男爵殿より賜りし、「靖国神社」のお守り。
伊藤一等兵にもお渡し致しました!大変喜んでおられましたよ!^^

以上で、教練会の報告を終わる!次回教練会は、秋に開催決定!
DATE: CATEGORY: ・旧日本陸軍基本教練
(BGM 男たちの大和テーマ) ←クリック!

本日は、「第四回 一四五挺進隊教練会」が、行われました。出席者は、佐一小隊長殿、タカタ伍長殿、
伊藤一等兵殿、飛鳥一等兵の計四名。いつもの顔ぶれです。

まずは、過去に練習した基本動作、ライフルドリルなどを復習。号令に対する動作が、少し様になってきた。
IMG_1185_convert_20120212205549.jpg
「ササ~ゲ~ツツッ!」  足の開き角度が、45度位なので、まだまだですね。
IMG_1187_convert_20120212205649.jpg
「ツケケン!」  トレケンもそつなくこなせるようになってきた。しかし、外套着用だと鞘の鯉口
が、見づらい為、銃剣が、入れにくかった。
IMG_1188_convert_20120212205713.jpg
「クメツツッ!」 着剣後の組め銃。これらもすんなり出来るようになってきた。人数確認時、「番号ッ!」
「イッ!ニッ!サッ!シッ!ゴッ!ロッ!チィ!ハッ!クッ!ジュッ!」などと縮めるとそれっぽいねぇ
などと話し合う。オリシケ、匍匐前進などの動作も復習した。また状況に於いて、分隊長から下された命令は、
「飛鳥一等兵!10m先の草むらまで、前進セヨ!」「飛鳥一等兵は、10m先の草むらまで前進致します!」
などと復唱し、「ヨシ!」と言われたら、すばやく前進する。
IMG_1190_convert_20120212205738.jpg
「早駆け」は、銃を右手に持ったまま走る。「駆け足」は、「駆け足ッ!」で、担え銃を行い、
「前へッ!」で、左手で銃剣を握りながら、走る。

次回、和歌山のHSW11ですので、ゲーム開始時の分隊の集合動作、分隊解散、作戦行動中の指示や
それに対する行動などの流れを反復練習しました。とても寒かったが、充実した一日となった。ビデオ
撮影を行ったので、それを見ながら、自分のいたらぬ所を反省しております。

改めて、「捧げ銃」、「担え銃」を徹底的にやりなおしています。不動の姿勢が、なっていないので、
たて銃の最後の完成型が、うまくいかないって事に気づき、奥が深い事がわかりました。アキレス腱が
痛いですが、一日50回くらいやっていけばうまくなるだろうか・・。
DATE: CATEGORY: ・旧日本陸軍基本教練
本日は、10月23日(日)に行われた「第三回 一四五挺進隊教練会」の模様について
お伝えする!

「歩兵操典」を参考に、旧日本軍の兵の基本姿勢から執銃動作、将校の操刀法まで、画像にて
説明していくので、皇軍の方は、練度向上への一助として、参考にしていただきたい。

尚、説明している私自身、皇軍軍装歴が、一年未満と大変短い為、間違った表記等おみぐるしい
点が、ございます。誤記などございましたなら、ご連絡いただけるとありがたいと思っております。

本会合のメンバーは、特別軍事教官に、千葉の「萌兵團幹部教育隊」より、てつ@中尉。
訓練教官に、佐一少尉。訓練兵は、タカタ伍長、伊藤一等兵、飛鳥一等兵。以上の5名
にて、行われた~ッ!
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(1)_convert_20111024232121
佐一少尉より、始めの挨拶。集まりの悪さに、おしかりを受ける。
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(2)_convert_20111024232138
はるばる千葉からお越しいただいた、てつ@中尉よりの挨拶。本日の訓練についての訓示を賜る。

御殿場のコンバットでは、個人的にも大変お世話になりました。てつ@中尉は、日々、皇軍の
教練活動をしておられ、「皇軍に、この人あり」と言われる漢の中の漢であります。

このお二人から、ほとんどマンツーマンで、教練を賜るというのは、なんという贅沢でありま
しょうか。至福のひと時であります!
fudou_convert_20111026100536.jpg

「不動の姿勢」

「キヲツケッ!」の号令で、この姿勢をとる。全ての動作の基本であるが、実は、この姿勢が、
一番重要で、一番辛い姿勢なのである。

ほとんどの場合、この姿勢で立つ事となるが、不動の姿勢というからには、周りがどんな状況
であろうとも(隣の兵隊が、ビンタされていたとしても)この姿勢を崩しては、ならない。

「恐れ多くも天皇陛下の栄えある帝国軍人である。」という事を自覚し、「身も心も形も動かない。」
事が、重要である。

立っているだけで、「ラオウのような敵を威圧する覇気」が、出ていなければならないのだ。

背筋をピンと伸ばし、両肩は少し後ろに引き、軽く下げる。腕は、自然に降ろし、手の指を全部伸ばして
そろえ、中指を軍跨の縫い目に合わせる。踵は、一線上に揃え、つま先を60度に開く。

そして、ここがキモになるのだが、頭部が、足の中心にくるように、「上体を軽く前へ傾ける」のだ。
両踵を上に持ち上げて、戻した時の姿勢がそれに当たるので、繰り返して身に付けると良いだろう。

口は閉じ、目を見開き、前方を見据える。右手は、手首を曲げ下帯の下あたりを親指と人差し指の
間におく。他の指は、揃えて軽く伸ばす。

銃口と体との間の距離は、こぶし一つ分開ける。その結果として、足のつま先と銃との距離が、こぶし
一つ分開いていれば、正しい姿勢である。銃は、勿論、垂直でなければならない。

号令について動作は、機敏に行う!動作の一挙手一投足にいたるまで、両教官殿より、厳しい
チェックが入る。てつ@中尉どのの教え方は、まさに「言ってみて、やってみせて、やらせてみせて、
ほめてやらねば・・」である。すごい方です。

「カシラ中」

2動作。この号令がかかっている時以外は、不動の姿勢である。「小隊長殿にカシラ中!」等、
号令がかかったら、小隊長殿へ向け、機敏に首を振り、頭向ける。小隊長殿が、自分の
正面におられる場合は、軽くあごを上げる。(頭を動かしましたという動作が、伝わるように
おおげさに動かす事。)「ナオレ!」で、不動の姿勢へ、機敏に戻す事。(尚、号令をかける
分隊長は、捧銃を行う事。)

隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(3)_convert_20111024232155

「右向ケ右」

2動作。「右向ケェ~」で、右方向に向く事を認識し、「右ッ!」で、動作する。

①で、銃を握った手を腰骨のあたりに引き付け、同時に、右足と左つま先を軽く浮かし、「左踵」
を中心に、90度回転する。

②で、銃を機敏に降ろし、不動の姿勢をとる。

「左踵」を中心にコンパスのようにクルッとまわる事が、重要で、腰を回したり、足を曲げたり
と不動の姿勢を崩すような動作は、してはならない。銃は、腰にひきつけてしっかり保持して
いないと回転の時、銃が振られて、バランスを崩す原因となる。「左向ケ左」も同様。

「後右」

(マワレミギ)4動作。「マワ~レェ~」で、マワレ右である事を認識し、「右ッ!」で、動作する。
まわり方は、小学校で覚えた要領である。

①で、銃を握った手を腰骨のあたりに引き付け、同時に、右足をそのままの角度で、後ろにずらす。
右つま先が、左踵の所にくるようにする。

②で、右足と左つま先を軽く浮かし、「左踵」を中心に、180度回転する。

③で、右足をそのままの角度で、後方に引き付ける。両踵は、揃っていなければならない。

④で、銃を機敏に降ろし、不動の姿勢をとる。
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(4)_convert_20111024232210
「捧銃」

(ササゲツツ)は、2動作。

①で、銃を真直ぐに立て、体にひきつけるように構える。銃(以下、三八式歩兵銃殿の場合で、
説明を行う)は、右手で、銃の下帯の下をしっかり握り込む。この時、負革を一緒に握りこんでは、
いけない。左手は、照尺下のくぼみに、親指を当て構える。

②で、捧げ銃をする相手に顔を(なるべくおおげさに振って)向ける。相手が、正面におられる
場合は、あごを上げる。
nina1_convert_20111025225032.jpg
「担銃」

(ニナエツツ)は、4動作。

①で、銃の機関部が、右になるように持ち上げる。右手は、下帯の下あたり。左手は、照尺
の下あたりを握る。尚、一連の動作は、最終的に担ぐ位置のライン上(腕の付け根のあたり)
で行う。
nina2_convert_20111025225050.jpg
②で、銃の機関部が、ナナメ45度になるようにひねり、右手をピンと伸ばして、ストック
の下に持ってくる。この時、人差し指と中指の間に、床尾踵(ストック下部の上側の角)をおく。
nina3_convert_20111025225104.jpg
③で、右腕を(銃を持ち上げるように)曲げながら銃を傾け、肩(腕の付け根あたり)につける。
(実際には、ぶつける感じ。)この時、それまで照尺の下を握っていた左手をピンと開いて、
槓桿(ボルトハンドル)のあたりまで、すべらせるように降ろす。
nina4_convert_20111025225118.jpg
④で、左手を(風をきるように)すばやく降ろす。前から見て、銃は、垂直である事。
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(7)_convert_20111024232258
「着剣」

(ツケケン)。攻撃の準備であるから、素早く行えるようにする。
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(8)_convert_20111024232314
「脱剣」

(トレケン)。攻撃終了後の動作であるから、確実に行う。
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(9)_convert_20111024232331
「行進」

「前へ~ススメッ!」で、(「前へ~1・2・3・4の4秒で、担銃を完了する事。)
左足から踏み出す。(左手は、当然後ろ。)足を上げる高さは、20cm。歩幅は、
75cm間隔。正しく歩調をとる事。

手は、真直ぐにピンと伸ばし、前45度、後ろ15度に振る。指は、全部揃えてピンと伸ばす。

銃は、左右に振れたり、下がってきたり等、「残念なシナ兵」のようにならないよう、
脇を締め、しっかりと保持する

「ぜんた~い トマレッ!(いっちにっ!)」という感じで、停止するが、停止状態は、
不動の姿勢。当然、つま先は、不動の姿勢と同じ60度に、開いている状態でなければ
ならない。
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(10)_convert_20111024232346
「叉銃」

(サジュウ)。銃の槊杖(サクジョウ)を組み合わせて銃を立てる。着剣している場合は、
銃剣の鍔(ツバ)の下部(曲がっている部分)を組み合わせる。構築した叉銃に、軍旗を
立てかける場合もある。

「クメツツ」の合図で、前列の2名が、槊杖を組み、その後、後ろの1名が、槊杖を
差し込む。出来上がったら、不動の姿勢をとる。
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(11)_convert_20111024232408
「トケツツ」の合図で、組銃とは、逆の順序で解体する。

この訓練をしていると、丘の上が何やら騒がしく・・・?
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(12)_convert_20111024232422
卑怯な米兵一味に、不意打ちを受けたのだ^^;
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(13)_convert_20111024232440
タカタ伍長の「着剣!」の合図で、すばやく着剣!米兵を一蹴する。訓練の成果だ。
IMG_0904_convert_20111024231209.jpg
この小ネタだけの為に集まったらしい・・・。暇なヤツラめ!良く見てみると、我が軍の
神谷大尉と小椋一等兵の姿も!キサマラ教練に参加して下さいw
IMG_0906_convert_20111024231246.jpg
そして・・・さっさと帰って行った^^;
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(14)_convert_20111024232456
その後、部隊演習などを行う。「第一分隊を30m先の位置に、移動させよ!」「復唱!第一分隊は、
これより30m先の位置に移動します!」「分隊集マレ!」
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(15)_convert_20111024232511
「小隊長殿に対し、カシラー中!ナオレェ!」「第一分隊、総員4名、現在員4名!番号!」
「1!」「2!」「3!」「列外1!異常なく終了!終わりましたッ!」「ヨシッ!」
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(16)_convert_20111024232528
午後は、士官訓練を行った。時間が、もったいないので、兵装備に略刀帯を付けて訓練した。

「基本姿勢」

立ち方は、兵と同じである。軍刀は、略刀帯で、ぶら下がっているだけなので、ぶらぶら
しないよう、左手で鞘を保持する。
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(17)_convert_20111024232546
「抜刀」

(バットウ)。左手で、刀身が、上向きになるように、軍刀を返した後、鯉口(コイクチ)を保持し、
刀身留めが、駐爪(チュウハ)式の場合は、釦を押し、駐爪をはずす。革バンド式や革鞘の略式軍刀
の場合は、革バンドの釦を外す。
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(18)_convert_20111024232603
刀を右ナナメ上に、一気に引き抜く。
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(19)_convert_20111024232619
その後、親指、人差し指、中指の3本で、軍刀を保持する。軍刀の峰を肩の付け根に当て、
真直ぐ立てる。右手は、腰骨のあたり。この姿勢が、抜刀後の基本姿勢となる。
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(20)_convert_20111024232635
「休め」

右肩に当てた刃の位置は、そのままで、右手を股間の辺りにずらし、左手を右手の下に添える。
足は、兵の休めと同じ。
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(22)_convert_20111024232715
下士官の「捧刀」

下士官兵が、士官以上に対し行う敬礼である。「ササ~ゲ~」で、捧刀である事を認識し、「トウ」で、
この姿勢をとる。軍刀の位置は、口から鍔(ツバ)までが、10cmとなるように構える。刃を左向き
にして、真直ぐにたてる。

将校の「捧刀」

士官が、上官や軍旗などに対して行う「捧刀」(将校の刀の礼)は、2動作。「ササ~ゲ~」で、
下士官の捧刀の姿勢となり
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(21)_convert_20111024232654
「トウ」で、刀を右ナナメ下に出す。刃は、前向きである。
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(23)_convert_20111024232733
「納刀」

(オサメトウ)は、2動作。①で、下士官の捧刀を行い、②で、刀を鞘に納める。
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(25)_convert_20111024232833
「叉銃」のおさらい。
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(26)_convert_20111024232851
「脱剣」のおさらい。

 
 





                       一年後・・・・










img_170417_30702111_1.jpg
(想像図)


隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(27)_convert_20111024232907

                「こいつは、どえらいシミュレーション♪」
             
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(28)_convert_20111024232924
「突撃」

着剣し、様子をうかがっているところ。分隊長は、刀を振り上げ「目標!前方50mの草むらッ!」
などと目標を伝える。
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(29)_convert_20111024232939
分隊長は、刀を振り降ろし、「突撃ッ!ススメッ」などと叫ぶ。兵は、右手で、銃の照尺の後ろ
あたりを持ち、前かがみで、走り出す。
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(30)_convert_20111024232954
「突っ込め~ッ!」で、分隊長は、刀の先を目標に向ける。兵は、銃を両手保持に変え、
「ワァ~!」とか「天皇陛下万歳!」などと大声を出して突進し、銃剣を敵兵に、突き刺す。
隨ャ荳牙屓謨咏キエ+(31)_convert_20111024233009
最後に、小島少尉、てつ@中尉より、講評。本日の教練は、非常に大なる成果を持って終了したとの
あたたかいお言葉を賜る。
IMG_0926_convert_20111024231347.jpg
以上をもって、報告を終わる。非常に、楽しい濃密な一日でした。遠路はるばる千葉より
お越しいただいたてつ@中尉殿のご厚意に、恥じぬ部隊行動が行えるよう、一四五挺進隊一同
精進してまいりたいと思います。

最後になりますが、てつ@中尉殿、佐一少尉殿、動画撮影にご協力いただいた片岡上等兵殿、
神谷大尉殿、米軍のみなさん。本当にありがとうございました!

[参考資料]
           萌兵團幹部教育隊発行 「図説 日本陸軍基本教練」
                   ↑ 欲しい方は、ここをクリック!
            
IMG_0927_convert_20111026115032.jpg
IMG_0929_convert_20111026115047.jpg
「歩兵操典」を図入りで解説した、大変わかりやすい本です。てつ@萌幹教殿発行の帝国軍人を目指す
「日本男児のマストアイテム」。六百円。てつ@萌幹教殿が参加される各種イベント、コミックマーケット
、同人誌販売会などで、ご購入下さい。
KTW ARISAKA M1905 Air Rifle

KTW ARISAKA M1905 Air Rifle
価格:98,000円(税込、送料別)

DATE: CATEGORY: ・旧日本陸軍基本教練
今回は、8月13・14日に行われた「第二回 一四五挺進隊教練会」(納涼ふんどし祭り)
の模様をお伝えする!

我が「チームひよこ」の旧日本陸軍装備部隊である「一四五挺進隊」は、今年で10周年を迎え
ました。これもひとえに、関係者のみなさんのご協力のおかげです。ありがとうございます。
これからも「一四五挺進隊」をよろしくお願いいたします。

軍事教練は、左から、タカタ伍長、伊藤一等兵、佐一少尉、片岡上等兵、岩瀬曹長、飛鳥一等兵
特別ゲストに、高石訓練教官をお迎えして行われた。装備は、南方戦線なのであるが、この装備
のせいで、とんでもない結末を迎える事にwwww

訓練の模様は、初の動画にて撮影。以下、動画よりのキャプ画像です。
kyouren (2)
まずは、基本の「不動の姿勢」をご教授賜る。基本中の基本であるが、一番難しく重要な
動作である。足は、かかとをつけ、つま先の角度は、60度。やや前傾姿勢をとり、
胸を張って、肩を下げ、腕はまっすぐ伸ばして、指を伸ばし跨の縫い目に中指をそえ
親指は、ぴったりと人差し指にそろえる。
kyouren (3)
「カシラ中」、「カシラ右、左」、「右向け右」、「まわれ右」等。
kyouren (1)
小銃を用いての執銃動作。
kyouren2 (1)
「左向け左」。銃に振り回されるので、なかなか難しいです。。「左向け左」は、左向け~
の合図で、左に回る事を認識し、ひだりっ!の合図で、銃を持った手をベルトの位置まで
引き付けて固定し、両足のつま先を上げ、右足を浮かし、左足のかかとを中心にして、
くるっと回り、最期に不動の姿勢に戻り、銃をつま先からコブシ一つ分前に降ろするのだが、
これもかなり苦戦を強いられた。なかなか思うようにいかないのだ。
kyouren2 (2)
「捧げ銃」。銃の角度や手の位置などかなり練習しないと様にならない。
kyouren2 (3)
「担え銃」。なぜか一番難しいこの動作は、前回の御殿場で叩き込まれていたので、数回で
いい感じにそろっていた。このあたりで、日も暮れてしまい「ツケ剣」等は、出来ませんでした。
IMG_0717_convert_20110814221457.jpg
日没後、酒保にて、夕食。佐一少尉のコンビーフ飯と大和煮飯、焼肉などをいただく。岩瀬曹長の
知多牛締めたてレバーが、とてもうまかったです。
IMG_0718_convert_20110814221519.jpg
酒が入り、震災問題、戦争犯罪などの話で、盛り上がった。
IMG_0719_convert_20110814223856.jpg
ネトウヨ曹長恒例の水煙草。今回は、「ローズ」、「コーラ」などのフレーバーを楽しんで
おられた。(怪しい物は、吸っておりません。念の為。)
IMG_0720_convert_20110814221554.jpg
ランタンに、スーパーの袋をかぶせるタカタ伍長。こうすると非常に明るくなります。
IMG_0721_convert_20110814221611.jpg
不参加表明の神谷中尉殿突然の乱入!自宅の敷地に勝手に留める車の持ち主に注意したら、
口答えされたと激怒されておられた。領有権の不当な占拠は、国際法に触れますので、
やめましょう。

あと挺進隊本部設営時に、おひさの塾長さまが遊びに来てくれました。お仕事大変そう
ですが、がんばって下さいね。

深夜まで飲んで、就寝。一番寝坊の私は、6時に起床した。二日酔いが激しいのと、
地域住民の動きが、活発になってきたので、メインの「ふんどし水泳」は、取りやめ
9時ごろ撤収した。

最後に、某隊員が、朝5時ごろ起床してのんびりしておったところ、地域住民の方が
近づいてきて、こう言ったそうである。

    「お~い!ちゃんと食べているか~?」

恐れおおくも陛下の皇軍に対し、無礼であるぞ! ププッwwwww しかし、日本人
ってのは、優しいですよね・・・wwwww
KTW ARISAKA M1905 Air Rifle

KTW ARISAKA M1905 Air Rifle
価格:98,000円(税込、送料別)


copyright © BATTLING ARENA all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
まとめPowered by FC2ブログ