いらっしゃ~い!

最近の記事 (*´∀`)/

お客様のコメント

これは、いい物だ!(●´∀`)

おともだち

管理人さん

「飛鳥一等兵」

Author:「飛鳥一等兵」
リアル1stガンダム&ファミコンクソゲー世代のおじさま。「高達オンライン」某部隊長。

大人になって、プレステ買ってみたが、バイオハザードの最初のゾンビがどうしても倒せず、次の日売りに行ったくらいゲームが、ヘタクソ・・・('◇')ゞ

リンク大歓迎です!リンク希望の方は、各記事のコメント欄にカキコ願います。

DATE: CATEGORY: ・マルイ ソーコムmk23
東京マルイの固定スライドガスガン「SOCOM mk23 影縫改」が、完成しました
ので、あらためて徹底解剖していきます!
socom影縫 (15)
この銃は、燃費良し、命中率良し、消音性良しで、オールシーズンサバゲーの
メインアームとなり得る東京マルイのベストセラーガスガンである。本機「影縫」
は、ガンショップ「ファースト」のカスタム銃で、ソーコム消音改造カスタムの
最高峰として、サバゲーマーから崇められている。
socom影縫 (16)
「マルイ ソーコムmk23 ガスガン」は、フルセットで販売され、専用ケースに、
銃本体、サイレンサー、ライトモジュール、弾倉等が綺麗に収まる仕様だ。
socom影縫 (14)
ライトモジュールとサイレンサーを装着した状態で収納出来る専用ホルスター
(別売)。上部には、予備マガジンも収納出来るスグレモノだ。
socom影縫 (5)
socom影縫 (6)
外観からは、一見ノーマルと区別がつかない。しかし、「影縫」は、内部部品
同士のクリアランス調整を徹底して行っており、トリガーの引き具合が、大変
スムーズな事に驚愕する。そして、ノーマルと違って、トリガーのガタツキが
皆無。各部品の衝突部分にゴムを貼る事によって、メカノイズを極限まで
抑えている。素晴らしい仕事である。
socom影縫 (12)
socom影縫 (13)
この「影縫」を更に改造したので、改造ポイントを紹介していく。
socom影縫 (11)
socom影縫 (8)
socom影縫 (7)
「SOCOM mk23」は、非常に大型の拳銃であり、掌の小さい日本人
には、ホールドしづらい。それに加え、ノーマルグリップの滑り止めは、
プラ型成形で凹凸がダルい為、滑ってしまい、ホールドしづらいのだ。

そこで、ハンダゴテを使って、表面加工を全てやり直している。更に
両手による保持力強化の為、滑り止めの範囲を広げている。
本機を実際に握っていただければ、吸い付くようなグリッピングに、
驚く事であろう。見た目、グリップ全体に凹凸入れると、めっちゃHk
臭くなって、ええ感じwww
socom影縫 (10)
フロントサイトには、コトブキヤ「Hアイズ」(グリーン)の裏に銀を
塗装してから埋め込んだ。
socom影縫 (3)
(左)飛鳥カスタム「ナハト」 (右)「影縫改」
socom影縫 (2)
「影縫」のカスタムポイントについてであるが、「FIAST」さんの企業努力の
部分であるから、私が分解して、気づいた点を文章にて記す。
「影縫」同等の消音性操作感を得たいのであれば、以下のような点について、
改造するといいだろう。

 ①干渉する部品同士スムーズに動くよう、すり合わせを行う。
 ②ぶつかり合う部品は、両方の打撃点に極薄のゴムを貼る。
 ③可動する部品同士の隙間を減らし、ガタを無くす。
 ④長い部品は、真っ直ぐ平らにする。

発射音を無くすサイレンサーの性能は、私の「ナハト」の物の方が、「影縫」の
物より優秀だった。サイレンサーの改造方法は、過去記事を読んで下さい。

DIYで、「影縫」を目指しておられる方は、ご質問いただければ、ある程度は、
お答え出来るかと思います。バナークリックにご協力お願い致します!





スポンサーサイト
DATE: CATEGORY: ・マルイ ソーコムmk23
遂に、念願のマルイ「SOCOM mk23 (影縫)」を入手しましたので、
報告致します。影縫は、言わずと知れた「ガンショップ FIRST」の伝説
のカスタムガンであります。

以前、サバイバルゲームにて、戦友殿の影縫を撃たせていただいて、
感動して以来、このカスタムガンの大ファンになりましたが、いかんせん
値段が高く、貧乏オヤジには、高嶺の花でした。

その時撃たせてもらった記憶をたよりに、手持ちのノーマルソーコムを
自分なりに改造してきました。本家とどれくらいの差があるでしょうか?

       上から 「ファースト影縫」  「飛鳥カスタム」  「ベレッタ(比較用)」
サイレンサーなし    86.8 dB        87.6 dB         95.0 dB
サイレンサーあり    73.8 dB        72.6 dB            -

音量計での計測は、以上のようになりました。数値の差と実際に耳で聞く、
音の大きさは、違うように思いますので、気が向いたらYOUTUBEにでも
動画を出そうと思います。

影縫は、流石にショップ自慢のカスタムだけあって、スムースなトリガープルが、
絶品です。シングルアクションが生きていて、この無音具合は、驚愕です。

明日にでもバラして、内部を見てみようかと思います。当然、ノーマルの発射音
と比べると、雲泥の差です。ここまでのカスタムは、個人では難しいと思います
ので、金を払う価値は十分にあるでしょう。

飛鳥カスタムは、手前味噌となりますが、金をかけずに影縫とほぼ同じ性能に
達していたので、大満足であります。弱点は、シングルアクションが、オミット
されているところ。(これは大きい)

しかし、引きやすいラウンドタイプのトリガーやホールドしやすいグリップ、サイトの
アイコンなどで、影縫を凌駕している部分もあります。カスタム方法は、以前の記事
にありますので、参考にしてみて下さい。

今後、このカスタムポイントを影縫にも施し、「影縫 飛鳥スペシアル」に仕上げて
いこうと思います。

バナークリックにご協力ください!




DATE: CATEGORY: ・マルイ ソーコムmk23
明日は、1年ぶりくらいの通常サバイバルゲーム
への参加で、自衛隊装備と64式小銃、そして
サイドアームに「SOCOM mk23」を持って
いこうと思う。
socommk (3)
これが、愛用の「ソーコムmk23ナハト」(w)
である。
socommk (4)
銃内部のサイレントカスタムについては、ブログ
カテゴリー内の「・マルイ ソーコムmk23」
の以前の記事にて、詳しく紹介してあるので、
気になった人は、読んでみるといいだろう。
socommk+(1)_convert_20150425162750.jpg
今回は、サイレンサー内部への消音カスタムだ。
画用紙から、サークルカッター(オルファ製500円
くらい)で、内径10mm外径30mmの円形
のバッフルを切り出す。
socommk+(2)_convert_20150425162830.jpg
サイレンサー内部の消音材の間に、これを挟み込み、
サイレンサー内部に小部屋を作って、音を各部屋の
内部で反響させ、消音する定番のカスタムだ。
なるほどやってみると確かに、発射音は、若干静か
になった。発射音よりも銃本体の作動音の方が、
音が大きい位だ。
socommk (5)
もうこれで、5mも離れれば、敵に発射音が
聞こえる事は、ないだろう。
socommk (6)
その他のカスタム点を簡潔に、紹介する。
フロントサイト、リアサイトには、暗がり
でもわかりやすいよう、「ベレッタM92F」
のように、ホワイトのドットを入れた。
具体的には、精密ドリルで穴を掘って、クレヨン
で着色する。色は、赤でも良いかもしれない。
クレヨンは、つまようじなどで、ほじると
取れるので、気分で変更しても良いだろう。
socommk (7)
本機は、ダブルアクション専用に変更してある(
トリガープル向上の為)ので、トリガーは、
「ベレッタM92F」のように、ひきやすいラ
ウンドタイプに修正し、黒染めした。
socommk (8)
グリップやトリガーガード周りには、両手で銃を
ガッチリとホールドしやすいように、ハードな凹凸
加工を施し、手ぶれを軽減させている。狙った獲物は、
逃がさない!

本ブログは、皆様のバナークリックで建造されております!
333ご協力お願いします!
   ↓




DATE: CATEGORY: ・マルイ ソーコムmk23
以前、ソーコムについての記事を1回だけ書いたのであるが、何故かその記事が、
当ブログへの検索アクセス第1位となっている。googleで、「ソーコム 消音」と検索
するとその記事が、2位に表示されるからだ。
ソーコム (10)
今回は、手持ちの「マルイ ソーコムmk23」をゲーム用に、徹底して改造していく。
ソーコム (11)
この2枚は、完成後の御姿であります。

『1.消音化』

そもそも私が、ソーコムmk23を持つきっかけとなったのは、友人が、購入した「影縫」
を使用させていただいた事が、きっかけだ。「影縫」は、ガンスミス「ファースト」さんの
有名なソーコムの消音カスタムで、私の使用感としては、

 1・発射音が、しない。(サイレンサーの消音材を変更してあるらしい。)
 2.作動音が、しない。(内部が、徹底的に消音化されてあるらしい。)

の2点が、他に類を見ないエクセレントなカスタムだ。勿論、ご存知のとおり、かなり
エクスペンシブなので、既婚のオッサンには、高嶺の花。0円で、なんとかしていこう。
ソーコム (1)
まずは、分解して、ダイカスト部品の摺動部分を、すべて鏡面研磨する。何度も組み立てて
作動音の発生箇所を探り、最終的に音が大きな2点の打撃音に焦点を絞った。

1・ハンマーが、ノッカーを打撃する音
 これは、2つの部品が、ぶつかり合う部分に衝撃吸収材を貼った。具体的には、
 ハンマー側にフェルト。ノッカー側に1mmほどのゴムを接着。ゴムは、厚みに
 比例して、(ハンマーが、ノッカーを打撃するパワーを吸収して、ガスの噴出量が、
 減ってしまい)BB弾の初速が、落ちるので、注意。

2.シアーが、ハンマーにひっかかる音
 これは、ハンマー下側のシアーがかかるくぼみに、フェルトを貼った。

最後に、シングルアクション用のシアー(青○の部分)は、トリガープル向上の為、
撤去した。以上のカスタムによって、ほぼ無音化に成功した。
ソーコム (2)
また、ノーマルトリガーは、角ばっていて、中央に滑り止めのラインがある物だが、
これが、最悪のトリガープルを引き起こすソーコムの欠点だ。おまけに、10発も
撃っていると指が痛くなる。
ソーコム (8)
リューターを使って、ベレッタ93Rなどと同じような形状の、ラウンドしたタイプに
形成した。大変引きやすくなり、指も痛くなくなるので、オススメの改造だ。ただ、
修正に、ものすごく時間がかかる。どっかアフターパーツ出さない?絶対売れるよ。

うーん。このキレ!操作感・・まるで・・かつての愛銃「MGCベレッタ93R」だ。
ソーコム (7)
最後の欠点であるが、このソーコムって外観が、イマイチなのよね。特に、グリップの
滑り止め加工?が、ヌルくて、ツルツル滑る。これは、生死にかかわる問題だ。

そこで、我がカスタムでは定番の「ゴジラ加工」を施しました。これは、モデラーさんが、
ゴジラの皮膚の質感を再現する方法からヒントを得たもので、具体的には、プラ部分に、
ハンダごてをあてて作る、表面加工であります。手に吸い付くような、究極のグリップ力
を発生させます。これで、今回のカスタムは、終わり!
ソーコム (5)
ソーコム (6)
ソーコム (9)
刻印部分には、子供たちが、毎日使っているクレヨンを拝借して、塗りこんでいる。
つまようじでほじれば、すぐ取れるので、好みに応じて、自分だけの銃にしてみよう。
ソーコム (3)
ソーコム (4)
次回は、ライトに、凶悪な明るさのものでもいれてみようかな。あと再販は、本体のみで、
8000円位で販売してみては、どうかと思う。サイレンサーは、どこのでも付けれる訳だし、
正直、ハコとライトは、イラネぇもん。

2015 11.01ソーコムMK23「影縫」を入手しました。影縫についての記事は、下記参照

   ソーコム mk23 「影縫」 改造   ←クリック!


copyright © BATTLING ARENA all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
まとめPowered by FC2ブログ