いらっしゃ~い!

最近の記事 (*´∀`)/

お客様のコメント

これは、いい物だ!(●´∀`)

おともだち

管理人さん

「飛鳥一等兵」

Author:「飛鳥一等兵」
リアル1stガンダム&ファミコンクソゲー世代のおじさま。「高達オンライン」某部隊長。

大人になって、プレステ買ってみたが、バイオハザードの最初のゾンビがどうしても倒せず、次の日売りに行ったくらいゲームが、ヘタクソ・・・('◇')ゞ

リンク大歓迎です!リンク希望の方は、各記事のコメント欄にカキコ願います。

DATE: CATEGORY:お知らせ
defuturaさんのサイト「MAGGOT BRAIN」をリンクに追加しました。

ガンダム系が、メインですが、ボトムズでは、AGのスコープドッグ
やマーシイドッグ等の作例を載せておられます!ワンフェス等に
AGの改造パーツ等を出しておられるようですので、最低野郎は、
チェケラ!
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY: ・ボトムズ09系のAT
(製作:defuturaさん)

tropical6.jpg
tropical10.jpg
tropical12.jpg
tropical8.jpg
(機体名)     ATM-09-ST グレードッグ
(リングネーム) トロピカルサルタン
(オーナー)    スラ・ムスタファ
(機体解説)
本機は、09型の改良型「グレードッグ」で、さらにバトリング用に
チューンを加えている。この機体はもともと09型の白兵戦能力を追及
したものであり、損傷率の高い全面装甲を強化し、反面軽量化のため 
脚部装甲の省略なども行っている。またスコープ部も経度の損傷でも
作動不能を起こすターレット方式を廃し、固定式を採用している。

高パワーのグライディングホイールを用いた高速戦を得意とし、相手の
ATの腕をつかみ、フェンスに加速度をつけて衝突させるアームホイップ
を必殺技とする。

オーナーのスラ・ムスタファは、メルキア赤道部に近いヨルダ地方の
出身で民族衣装を模したパイロットスーツを着用している。トレード
マークは水パイプで、バトリング中も離さないといわれる。

(ホビージャパン「ブルーナイト別冊」より)
DATE: CATEGORY: ・その他のボトムズAT
(製作:KATさん)
KAT_1.jpg
KAT_2.jpg
KAT_3.jpg
KAT_4.jpg
KAT_5.jpg
KAT_6.jpg
(機体名)     K・ATM-02-ST スティーリーライカン
(リングネーム) バレットキャスター
(オーナー)    ナギナタメカニカ
(パイロット)   ローウェン・レイズ
(機体解説)
本機は、ギルガメス所属にするキアスナ星キアスナ軍のみが、
採用しているATである。

長年、同惑星で、ATM-09の現地生産の許可が下りず、
慢性的なM級AT不足が続いており、その状況を解消する為に
軍の要請を受けたナギナタメカニカ社によって開発、生産された。

ATM-08の開発に携わった技術者を招き入れたという事もあり、
新規開発機体というよりは、外観こそ違え中身は、ほとんど
ATM-08であった。その後の改良でキアスナ星独自のテクノロジー
も盛り込まれていき、やがてキアスナ製ATとして完成した。

しかし、同惑星でATM-09の現地生産の許可が、下りた後、
その数は減らしていき、終戦末期では正規軍の一部が、運用する
程度となった。

この個体は、ナギナタメカニカ社が09系に奪われたシェア奪回と、
他星系への輸出も視野にいれた、改良とコストダウンを施された
テスト機体の一つである。

背部のパックはAT本体のコストダウンによる、PR液の容量を補う
為のPRパックである。PR液の浄化、ブースト機能も付いており、
短時間なら劇的な運動性能を発揮できる。

装備火器X・GAT-MG8はブラッキオ社の製品であり、市街戦や
建造物内部での運用を重視し、GAT-22相当の性能を維持し、
可能な限り小型化したものである。弾丸、マガジンは入手の容易な
GAT-22用のものが使用可能。

パイロットのローウェン・レイズは、現役のブロウバトル専門の選手
であるが、今回は何らかの事情でリングネームを変えて、実戦形式の
この大会に出場する事になった。

ATの操作アシスト系を無効にすることで、AT本来の限界性能を引き出し、
それを操る技量を持つ。また、照準の自動補足、補正機能を無効にして
手動で繰り出されるその創造的な偏差射撃は、ATに搭載できる規模の
コンピューターでは、再現不能といわれる程である。これはエリート育成や
人体改造ではなく、まともな装備を与えられなかった難民徴収兵時代に、
身に付いたものである。2丁銃とターンピックアクションを多用した
中~近距離の射撃戦を好む。
DATE: CATEGORY: ・その他のボトムズAT
(製作:閣下さん)

090429_201456.jpg
090429_201529.jpg
090429_202640.jpg
090429_202722.jpg
090429_202828.jpg
090429_203543.jpg
090429_203835.jpg
090429_204004.jpg
(機体名)     X-ATH-02-DT
(リングネーム) ラビドリードッグ
(オーナー)    キリコ=キュービィ
(機体解説)
本機は秘密結社が開発したH級ATである。試作H級ATで、ストライクドッグ
の量産試作機に、砂漠走行ユニットサンドリッパーを装備した地上戦専用
の機体である。

本来はイプシロン用のPS対応機として開発されたとおもわれるが、秘密結社
の新たな統率者キリコの搭乗機となった、後にデータが流出したらしく、
ギルガメス軍でも試作実用された。

キリコは数十機のツヴァークを従え、ワイズマンの地下プラントに向かい突入
するが、ギルガメス&バララントの連合軍は、数千のAT部隊を降下させ
キリコ達の抹殺を謀る。神の子に指名されたキリコは雷神の如く、敵AT部隊
を切り刻んで行く、そして修羅に・・・・・

※本作品は、AGをベースとしていないので、基準違反機体とします。
DATE: CATEGORY: ・ボトムズ09系のAT
(製作:オシリナデール大佐)
2223 008
IMG_4966.jpg
IMG_4967.jpg
IMG_4969.jpg
IMG_4971.jpg
IMG_4973.jpg
IMG_5009.jpg
IMG_4968_convert_20090429231717.jpg
IMG_4985_convert_20090429231919.jpg
IMG_4977_convert_20090430162320.jpg
IMG_5031_convert_200904292327301a.jpg
2223+010_convert_20090429074141e.jpg

(機体名)     ATM-08J (スペンディングウルフ)
(リングネーム) 八九式装甲歩兵乙型
(オーナー)    ナカムラ二等陸士
(機体解説)
本機は、ギルガメス連合1の工業惑星ジャポンで、自衛を目的として
アデルハビッツ社との技術提携により、ムラサメ重工業にて生産された
機体である。機体は、旧型のATM-08より設計がなされたが、ムラサメ
重工業独自の技術が取り入れられ、09系より高い戦闘能力を誇ると
同社は発表しているが、機体は、ジャポン星の防衛用にのみ配備され
交戦記録は全くない為、真偽の程は不明である。またいくら高性能
とはいえ、旧型ベースにもかかわらず、09系の約10倍のコストで生産
されるこの機体の存在に、本星軍関係者からも疑問視する声は、多く
政府官僚とムラサメ重工業との癒着がささやかれている。

主兵装のTYPE89は、ジャポン星のショウワ工業にて独自の技術で、
生産されたアサルトライフルである。使用弾薬及び弾倉は、GAT-19
のものをそのまま運用可能で、ギルガメス軍との共同作戦を視野に
いれているのだろう。

パイロットのナカムラ二等陸士は、本星の命によりバトリングアリーナ
に参戦。同機体の実戦性能をテストしているものと思われる。
DATE: CATEGORY: ・その他のボトムズAT
(製作:赤肩の騎士さん)

RSC002_convert_20090427022603.jpg
RSC003_convert_20090427022627.jpg
RSC005_convert_20090427022711.jpg
RSC006_convert_20090427022731.jpg
RSC004_convert_20090427022648.jpg
(機体名)     ATH-Q50改-RSC
(リングネーム) ベルゼルガRSC
(オーナー)    不明
(機体解説)
アストラギウス暦7208年に行なわれたデムロア攻略戦。 この作戦に
参加した機体であるが、掴んだ情報は非常に少ない。従って確認出来た
範囲内での情報提供となる旨をご了承願う。

ヨラン・ペールゼン大尉(デムロア攻略戦当時)は、部下であるRS部隊員
に対して、ある実験を行なったらしい。

本機体を操縦する者とRS部隊員らを直接戦わせると云う実験内容で
あるが、実験結果などを含む詳細はまったくを以って不明だ。然しながら
情報提供者からの写真などを確認するかぎり、通常のAT操縦士では、
扱い切れない機体であることは確かだ。

RS部隊が音頭を執って、製作を行なったSTTCを遥かに凌ぐものと推測
するのも難しくない。ATサイズの兵器に対しては、異常とも云える大型
のロケットブースターが、それである。

本機体を操縦したものが何者であるのか。

又、RS部隊機として、作戦に参加したものと容易に判断できるのが、
右肩のアーマーだ。

7208年は終戦前であり、当時にこの塗装が赦されたのは、RS部隊以外
に皆無の筈である。終戦後に、元RS部隊員と名乗って、右肩を赤く塗装する
嘯き者が増えたが・・・。

MCA-628兵装制御バックパックに大型ドラムマガジンを装備、更には
多連装ミサイル・ランチャー、ダブル・パイルバンカーなど・・・。とにかく
興味深い内容である。

他にも頭部レンズユニットが、コマンダーズヘッドに変更されているのが、
確認できるだろう。補足になるが、グライディングホイールの追加や大型
ロケットブースターに伴い、装甲板の歪みは深刻だったらしく、対策は、
スタビライザーと圧接(スポット溶接)箇所追加とのことである。

この機体が一体どのようなルートで流れたのか。何れにしても、本機体が
AGバトリングアリーナで、確認がされたのであれば、詳細を掴む日も
遠くないかもしれない・・・。
DATE: CATEGORY: ・ボトムズ09系のAT
(製作:オヤビンさん)

246c.jpg
992b.jpg
6a3a.jpg
19der.jpg
(機体名)     ATM-09-ST
(リングネーム) スコープドッグ
(オーナー)    メルキア軍兵士
(機体解説)
本機は、ギルガメス軍の主星メルキアで編成されたメルキア軍所属の
宇宙戦闘用09である。メルキア軍の09は、通常のグリーンカラーでは
なく、エリート部隊の証として、パープルの塗装が施された。

本機は、主兵装として、GAT-35「ロッグガン」を装備している。全長
3785mm、重量216kgのレーザー自動焦点熱線砲で、その威力は、
宇宙戦艦を一撃で、沈める程であり、09最強の兵装である。
DATE: CATEGORY: ・ボトムズ09系のAT
(製作:唯緒さん)

NG1_convert_20090425130004.jpg
NG2_convert_20090425130023.jpg
NG4_convert_20090425130045.jpg
NM2_convert_20090425130102.jpg
(機体名)     ATM-09-ST
(リングネーム) ネイキッドゴースト
(オーナー)    ロイズ=バッカニア
(機体解説)
本機は、入手が容易な09型で、格上のATと渡り合う為に、オーナー自ら、
限度を超えたチューンを施している。

装甲を排除する事で軽量化し、機動性を確保したのではなく、H級用の
高出力な大口径MCを必要分組み付けた結果、装甲で、カバーできなくなっ
たのである。

増設された冷却機を各部に露出し、PR液リザーブタンクと加圧機を、パック
にして背負うことで、MCの最大パフォーマンスを引き出すだけに飽き足らず、
加速用のターボジェットを追加することで、リングネームの「ゴースト」に
恥じない、凄まじい機動力を発揮する機体となった。

携行火器は、22C一丁と最低限であるが、頑丈で強力な、H級用フレームを
加工し、未装甲のまま装着された右腕とクローオプションが追加された左腕の
発生する十二分な接近戦闘力がプラスされ、バランスの取れた攻撃力を持つ。

容易に想像される通り、そのままでも、非常にシビアなコントロールを要求
される軽量高出力のマシンは、バックパックのPR液加圧機能を、任意で作動
させる事で、短時間ではあるが、更にパワーを上乗せされ、常人では、とても
扱えない危険なマ代物となる。

ハイパフォーマンスと引き換えの、脆弱な防御力を含め、PS並と噂される、
オーナー”ロイズ=バッカニア”の操縦スキルと合わさる事で、始めて完成する
「特殊なチューニングマシン」と言えるだろう。 
DATE: CATEGORY: ・ボトムズ09系のAT
(製作:オシリナデール大佐) アクティックギアネクストスコープドッグ改造
2 009
2 002
2 003
2 008
2 006
ss.jpg
(機体名)     ATM-09-GC
(リングネーム) ブルーティッシュドッグ
(オーナー)    ファンタムレディ
(機体解説)
本機は、09系をベースに秘密結社により、PSのデータ収集を目的として
製作された機体で、駆動、制御系を中心に、徹底的なチューンナップが、
施されている。特注のマッスルシリンダーを組み込まれ、究極の動体性能
を発揮させる為に、専用のPRSPパックが装備されており、総合戦闘能力
は、H級ATを遙に凌駕する。

固定武装の7連装ガトリングガン、アイアンクローは、このAT専用に開発
された、対バトリングAT用のワンオフ兵装である。

所有者は、オークションで落札したダルマ社長であるが、本人は、このAT
は、「ファンタムレディ様」の所有物であり、、いつか、ファンタムちゃんが、
ここへ帰ってきた時の為にと、自ら維持整備を行っている。
DATE: CATEGORY: ・ボトムズ09系のAT
(製作:sparkingwolfさん)

R2D2_2.jpg
R2D2_3.jpg
R2D2_4.jpg
R2D2_5.jpg
R2D2_6.jpg
(機体名)     ATM-09-STTCR2
(リングネーム) R2DⅡ(Refine Repair Dog Ⅱ)
(オーナー)    ケニー・ベイカー
(機体解説)
遠い昔、遥か彼方のアストラギウス銀河で...。

本機は、先の大戦で、大破した09をケニー・ベイカー(中に入ってる人)が、
適当に修復した機体である。

本機の特徴は、大破した両腕を廃し、本来の腕の取り付け位置に、両足を
コンバートするという大胆な軽量化を施し、機体重心を下げるとともに、補助
足の追加によって、ターボ機構を安定して使用出来ようにしている。ターボ
機構は、両足と補助足、バックパックにセットされ、ケニー曰く、

「アストラギウス銀河一速いポンコツ」

であるらしい。

主兵装は、バックパックにセットされたGAT-22とガトリングガン。銃弾に
限りのある機体である為、スピードによる撹乱で、短期決戦を得意とする
戦闘スタイルをとる。

腰前面には、近接格闘用の隠し腕が収納されているが、1回で壊れるためか
あまり使用しないらしい。

【マッチメイカー:ジャバ ザ ハット】
ジャバ「手がないようだが...?」
ケニー「あんなもん飾りですよ。偉い人には、それが、わからんのです。」

【必殺技:ファンタムアタック】
「必殺!ファンタムアッタック!」と叫ぶとホログラム映像が、バトリング会場に
投影される。そこに映し出された美しいファンタムレディに、対戦相手は、気を
奪われてしまう。相手が気を取られているスキをつき、強襲を謀るという姑息な
必殺技である。

copyright © BATTLING ARENA all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
まとめPowered by FC2ブログ