いらっしゃ~い!

最近の記事 (*´∀`)/

お客様のコメント

これは、いい物だ!(●´∀`)

おともだち

管理人さん

「飛鳥一等兵」

Author:「飛鳥一等兵」
リアル1stガンダム&ファミコンクソゲー世代のおじさま。「高達オンライン」某部隊長。

大人になって、プレステ買ってみたが、バイオハザードの最初のゾンビがどうしても倒せず、次の日売りに行ったくらいゲームが、ヘタクソ・・・('◇')ゞ

リンク大歓迎です!リンク希望の方は、各記事のコメント欄にカキコ願います。

DATE: CATEGORY:シネ倶楽部
昨日は、「俺は、君のためにこそ死ににいく」
を久しぶりに見ました。

制作総指揮は、石原慎太郎。製作費18億円、
興業収入10.8億円で、大赤字。

自分的には、非常に感動的な、いい映画だと
思いましたが、なぜかネットでの批評は、
どこを見ても最悪です。そんなにひどい映画
だったか?と思い再視聴。

太平洋戦争末期。米軍の本土上陸作戦を阻止
する為、陸軍は、「特別攻撃飛行隊」を編成した。

ストーリーは、鹿児島県の知覧飛行場に集まった
特攻隊員達に慕われた「特攻隊の母」こと、
陸軍指定食堂のトメおばちゃんの姿を通して、
「命の尊さ」を描いている。

トメおばちゃんの店には、連日、若き特攻隊員
の補充兵が、やってきては、飛び立っていく。
ただひたすら「お国を守る為に」と死んでいく
特攻隊員達を我が子のように、かわいがり、
涙し、その最期を黙って見届け続けるのだ。
これが、泣けずにいられようか。

ネットでの主な悪評は、「戦争賛美映画」VS
「戦争反対映画」論、いささか古くさい演出
に対する陰口、意味不明とする原題について
である。確かに、ヘタクソな部分はあったが、
そこまで難解な映画であっただろうか?

特攻隊員を含む、戦争で死んでいった兵隊さん達
のほとんどは、私たちとなんら変わることの
ない人達で、ただひたすらに、お国の人達を守り
たいという一心で、死んでいったのだ。

そんな人たちを戦争の手先だとか、人殺しの悪魔
だとか決めつけ、死してなお憎むべき存在
とする現代日本の風潮に対する、石原都知事の
魂の叫びが、聞こえてくる。

その思いは、「俺は、君のためにこそ死ににいく」
という原題に込められている。「君」とは
特攻隊員の妻や家族、トメさんの事ではなく、
他ならぬ、この映画を見た「君自身」の事
なのである。

終戦の日には、あらためて、死んでいった英霊に
対し、心を込めて黙祷しようと思いました。
スポンサーサイト
Comment

私もこの映画は良く出来ていて泣けるのですが…
評判は本当に良くないのですよね。

石原都知事が作ったからという前提が批判の対象になっているようですが、イデオロギー云々は置いて何故に素直に観れないのか…
とは思うのですが。

ひよっこさんこんばんわ。

そうですよねぇ。私もひよっこさんと同意見です。何故に素直に見れないのか?

きっと、戦後の学校教育・・「アカの洗脳五か年計画」が、実を結んだ結果なのでしょうね。

情けない国家だと思います。


No title

私も、この映画を見ました。
素直に、感動しました。
10回は、見ました。
ちょっと気になったので、いろいろググってみたら、ほとんど批判ばかりで、悲しかったです。。。。
私のブログにも、この映画のことを書いたので、ぜひ。(興奮していたのか?何が言いたいのかわからないかもしれません・・・)
http://kittesato.blog.so-net.ne.jp/2013-01-27

私の中学校でも、特攻を誤った見方で見ている人がいます。本当に悲しくなりますよね。

社会の教科書に太平洋戦争のことは、たった6ページしかありません。あの何万人も死んだ戦争が、たった6ページで終わっていいのでしょうか?

もっと、大々的に平和ボケしている(自分もかも・・・)国民に戦争のむごさなどを教えていかなければならないのでは?と思う日々です。

突然失礼いたしました。。。。

No title

>切手佐藤殿

はじめまして。この映画を見た方が、戦争に行ったおじいさんやお亡くなりになったおばぁさんのお墓に、お花を添えて、感謝して手を合わせてくれればいいなと私は、思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © BATTLING ARENA all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
まとめ Powered by FC2ブログ