いらっしゃ~い!

最近の記事 (*´∀`)/

お客様のコメント

これは、いい物だ!(●´∀`)

おともだち

管理人さん

「飛鳥一等兵」

Author:「飛鳥一等兵」
リアル1stガンダム&ファミコンクソゲー世代のおじさま。「高達オンライン」某部隊長。

大人になって、プレステ買ってみたが、バイオハザードの最初のゾンビがどうしても倒せず、次の日売りに行ったくらいゲームが、ヘタクソ・・・('◇')ゞ

リンク大歓迎です!リンク希望の方は、各記事のコメント欄にカキコ願います。

DATE: CATEGORY: ・旧日本陸軍基本教練
(BGM 男たちの大和テーマ) ←クリック!

本日は、「第四回 一四五挺進隊教練会」が、行われました。出席者は、佐一小隊長殿、タカタ伍長殿、
伊藤一等兵殿、飛鳥一等兵の計四名。いつもの顔ぶれです。

まずは、過去に練習した基本動作、ライフルドリルなどを復習。号令に対する動作が、少し様になってきた。
IMG_1185_convert_20120212205549.jpg
「ササ~ゲ~ツツッ!」  足の開き角度が、45度位なので、まだまだですね。
IMG_1187_convert_20120212205649.jpg
「ツケケン!」  トレケンもそつなくこなせるようになってきた。しかし、外套着用だと鞘の鯉口
が、見づらい為、銃剣が、入れにくかった。
IMG_1188_convert_20120212205713.jpg
「クメツツッ!」 着剣後の組め銃。これらもすんなり出来るようになってきた。人数確認時、「番号ッ!」
「イッ!ニッ!サッ!シッ!ゴッ!ロッ!チィ!ハッ!クッ!ジュッ!」などと縮めるとそれっぽいねぇ
などと話し合う。オリシケ、匍匐前進などの動作も復習した。また状況に於いて、分隊長から下された命令は、
「飛鳥一等兵!10m先の草むらまで、前進セヨ!」「飛鳥一等兵は、10m先の草むらまで前進致します!」
などと復唱し、「ヨシ!」と言われたら、すばやく前進する。
IMG_1190_convert_20120212205738.jpg
「早駆け」は、銃を右手に持ったまま走る。「駆け足」は、「駆け足ッ!」で、担え銃を行い、
「前へッ!」で、左手で銃剣を握りながら、走る。

次回、和歌山のHSW11ですので、ゲーム開始時の分隊の集合動作、分隊解散、作戦行動中の指示や
それに対する行動などの流れを反復練習しました。とても寒かったが、充実した一日となった。ビデオ
撮影を行ったので、それを見ながら、自分のいたらぬ所を反省しております。

改めて、「捧げ銃」、「担え銃」を徹底的にやりなおしています。不動の姿勢が、なっていないので、
たて銃の最後の完成型が、うまくいかないって事に気づき、奥が深い事がわかりました。アキレス腱が
痛いですが、一日50回くらいやっていけばうまくなるだろうか・・。
スポンサーサイト
Comment

飛鳥さん、今日はお疲れ様でした!!

超寒かったですがww 充実した1日でしたね!!

風邪を引いてもいけないので、今日はしっかりと睡眠を取ってくださいね!!

皆様、お疲れ様でした。

たまにはこれくらいの内容でも良いかも知れませんね、その分色々話もできましたし。

では、和歌山で頑張りましょう。

伍長、ちゅぱ殿、本日は、大変寒い中お疲れ様でした!

前日の同窓会の為、寝不足と二日酔いと寒さで、意識不明になりながらの教練でありまして、ポカ~ンとしているシーンが、多々ありました事、申し訳ありません。

ビデオの方は、例によって良く撮れておりましたので、複製して差し上げます。

楽しいお話も出来て、非常に良い一日でありました!和歌山は、気合入れてまいりましょう!

こんばんは。

教練を重ねるごとに様になってきますね。

伍長殿の外套は改四五式のようですね。

>ひよっこさん

いや~まだまだですね^^; どうも私は、不動の姿勢が、なっとらんようですので、一からやり直しです。

担え銃なども1/4倍速からやり直しています。基本をしっかり叩き込まないと変なクセがついてしまいますねぇ・・。

伍長殿は、普通の外套も持っておりますが、これが好きなんだそうです。今回は、特に服装の指定はありませんでしたので、私も寒くて外套を着用しましたが、銃剣吊りが後ろの方にあるので、やりにくかったです。明日、取り外して少し前の方に移動させようかと思っております。実用重視のカスタマイズであります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © BATTLING ARENA all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
まとめ Powered by FC2ブログ