いらっしゃ~い!

最近の記事 (*´∀`)/

お客様のコメント

これは、いい物だ!(●´∀`)

おともだち

管理人さん

「飛鳥一等兵」

Author:「飛鳥一等兵」
リアル1stガンダム&ファミコンクソゲー世代のおじさま。「高達オンライン」某部隊長。

大人になって、プレステ買ってみたが、バイオハザードの最初のゾンビがどうしても倒せず、次の日売りに行ったくらいゲームが、ヘタクソ・・・('◇')ゞ

リンク大歓迎です!リンク希望の方は、各記事のコメント欄にカキコ願います。

DATE: CATEGORY:シネ倶楽部
クリント・イーストウッド監督の「アメリカン スナイパー」を阿久比の
ユナイテッドシネマで、見てきました。

アメリカでは、先月公開されており、数々の記録を打ち立てているらしい
が、正直映画鑑賞友達のもけけ氏に誘われるまで、この映画のことは、
知らなかった。
00hdh8_convert_20150223131912.jpg

もけけ氏体調不良により、一人で鑑賞することとなった。先日買った
「ビーノ」で、映画館へと向かう。スピードは、○○㌔まで出るので、
公道最速である。ただ全身煙臭くなった。まー4万円だから仕方が
無いな。

映画は、テキサスのカウボーイ「クリス・カイル」が、アルカイダの
テロニュースを見てネイビーシールズに志願。9.11事件により、
狙撃手としてイラクへ派兵。亡くなるまでの彼の半生を描いている。

主人公の「クリス・カイル」は、米軍史上最強の160名狙撃の公式記録
を持ち、伝説(レジェンド)と呼ばれた男で、アルカイダからは、
「ラマディの悪魔」と呼ばれ、2万ドルの懸賞金を賭けられた。

現代戦の戦闘を克明に描いており、ミリオタ目線では、アルカイダの
スナイパー「ムスタファ」(シリアの元オリンピック選手。)との緊張感ある
戦闘シーンが、素晴らしかった。「ブラックホークダウン」にしびれた現用
ファンには、レジェンドの映画だろう。ぜひ全国のサバゲーマーには、
映画館で鑑賞してもらいたい。

ただ、突っ込み所も少し。レジェンドの凄さを前面に出しているせいか、
連絡、観測、射殺判断など全部カイル一人でやっているところ。
スナイパーは、観測係のバディとタッグで行動すると思うのだが・・
バディと行動をともにしているシーンもあったが、軽口たたいてるだけで、
周囲の警戒すらしていないんだよね。彼も一応シールズなんだろうに・・。
彼をあぶない刑事のユージみたいなキャラにして、友情の強さを鮮明に
すれば、ラストへのくだりも良いものになったと思う。

あと、ハンビーで移動してる訳だが、負傷者を積み込むシーンを車中から
撮影してるんだけど、後部ハッチをしめても隙間があるんだよね。アメ車
だからなのかなぁ。雨漏りや毒ガス、煙なんかどんどん入ってきちゃうよ
なぁ。ハマーのプロップだからなんだろうか・・。

そして、移動中襲撃されるシーンだけサンドカラーに塗った「トヨタランド
クルーザー」になってんだよね。西部警察じゃないんだからそのあたりは、
ケチらないでほしかったw

あと嫁さんに「あんたの体は家に帰ってきても、心は戦場においたまま。」
と言われ、カイルは、「こうしている間も仲間がやられているんだ。」なんて
言ってて、戦争の虫になってしまったような描写だったが、私は、これは、
間違っていると思う。

女子供含め160人も射殺したカイルは、家に帰って、自分が、幸せな生活
を送ることに、負い目を感じているから、素直に喜びを表に出すことが出来
なくなってしまったのだ。このあたりの脚本のつめがあまいというか、本当の
カイルの姿を克明に表現したとは、到底思えない。よって、
60点といったところであろうか。

総括である。

プロパガンダだの反戦映画だのとアメリカでは、いろいろ論争を巻き起こして
いるらしいが、そこまで構えるほどのものではない。この映画は、イーストウッド
監督が作ったお手軽マカロニウエスタンなのだ。

ただ・・現代のヒーローが戦う荒野には、胸が熱くなるあのラストシーンは、
ないのである。

本ブログは、皆様のバナークリックで建造されております!ご協力お願いします!
   ↓






スポンサーサイト
Comment

飛鳥一等兵殿


アメリカンスナイパ-を観に行かれたのでありますな。

我輩「ブラックホ-クダウン」・「ロ-ンサバイバ-」はDVDを購入してから現行アメリカ軍に興味をもちました。

ナム戦でも「カルロスハスコック」に興味があります。

要は、スナイパ-が好きなんですね。


今週末に観に行こう🎵

No title

>ケニー青山殿
それでしたら、ぜひ映画館をおすすめします。迫力満点ですよ!

映画逝く元気なかったのに会社逝ったら治った…

三好のム-ビックスにて観に行ってまいりました。

クリスカイルは、アメリカ南部の典型的なアメリカ男ですな。

エンドの部分は泣けて来ました。

パンフレットの解説の一部分を読んだときは、右だの左だのと、アホみたいな文章が書いてあったけど、私からすると同じ「シ-」がつくなら此方のシ-で生きた人を選ぶな。

いい映画でした。

しかし、私は父の影響を受けてるな。

オヤジも海軍所属の志願兵で予科練でした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © BATTLING ARENA all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
まとめ Powered by FC2ブログ