いらっしゃ~い!

最近の記事 (*´∀`)/

お客様のコメント

これは、いい物だ!(●´∀`)

おともだち

管理人さん

「飛鳥一等兵」

Author:「飛鳥一等兵」
リアル1stガンダム&ファミコンクソゲー世代のおじさま。「高達オンライン」某部隊長。

大人になって、プレステ買ってみたが、バイオハザードの最初のゾンビがどうしても倒せず、次の日売りに行ったくらいゲームが、ヘタクソ・・・('◇')ゞ

リンク大歓迎です!リンク希望の方は、各記事のコメント欄にカキコ願います。

DATE: CATEGORY:旅行
「タイ・シンガポール旅行(6日間)」レポートその6であります。
thai (114)
タイ滞在3日目最終日となります。「ホテル イータス・ルンピニ」16Fの眺めもこれで
最後になります。老人の朝は、早い。タイの街で食うシリアルは、うまい。

最終日は、旅の目玉である「ワット・プラケオ」見物である。「ワット・プラケオ」は、
王宮内にある王室専用の寺院である。タイの国民は、その本堂である「エメラルド
寺院」のご本尊「エメラルド仏」を死ぬまでに最低一度は、お参りするのが、慣習だ。
日本でいうお伊勢参りと同じ感じです。
thai (117)
実際のところ、王様は住んでいないのであるが、王宮なので、厳重な警戒が、
なされる。門兵が、携行している小銃は、M16A1。王宮の隣には、タイ王国陸
軍省の建物がある。
thai (118)
仏様を愛するプミポン国王様は、365日この王宮を全ての人々が、参拝出来る
ように、門戸を開いているのだ。
thai (119)
門戸は開いているが、ゲートは、2つに分けられる。一つは、一般人用。ジャパン
OK!ジャパンゴー!と言われる。入国審査と同じだ。日本人は、荷物審査もなく
素通りである。欧米人は、荷物検査をされていた。欧米人の女性は、ノースリーブに
タンパンという修行中のお坊さんにとって最も有害な「裸同然のいやらしい恰好」
( ゚д゚) (゚д゚ ) アラヤダ   をしているので、強制的に服を着させられる(有料)
thai (120)
もう一つのゲートは、コイツラ「地球人類を破壊する国家の民専用」である。
コイツラは、ピカピカと光り輝くものや派手なものが大好きで、遺跡には、
行かない。この王宮の観光客の80%以上は、この迷惑なヤツラである。
thai (121)
王宮内は、いつでもコイツラを射殺出来るよう、近衛兵が、巡回している。
(にもかかわらず、ナメくさった中国人は、やりたい放題をしているのだ。)
thai (124)
やっと入り口が、見えてきた。ディズニーランドくらい並びます。王宮の中も
ディズニーランドと同じで、ほとんど中国人ばっかりだ。
thai (125)
これはもう圧倒されない人は、おりません。
thai (129)
王宮内に、もののけが入らないように、門を守っている毘沙門天の部下
「守護神ヤック」と「猿神モック」。
thai (131)
仏教の経典を収めてある書庫「プラ・モンドップ」。
thai (132)
仏舎利を収めてある黄金仏塔「プラ・シー・ラタナ・チェディ」。
thai (133)
仏陀像や釈迦像、王家の遺灰を安置する「ウイハーン・ヨート」。
thai (134)
その昔、世界は、人間や悪魔や神が、争い憎しみながら暮らしていたが、
お互いに仲良く手を取り合えば、みんなが幸せに暮らせるという仏様の
ありがたい教えによって、世界の平和が、生み出された。このトリは、改心
して「ウイハーン・ヨート」を守っている悪魔だ。
thai (135)
王家専用図書館「ホーモン・ティエン・ダム」。
thai (136)
thai (139)
thai (141)
thai (142)
歴代の王様の像を安置する「プラサート・プラテープ・ピードン」。
thai (140)
「プラ・スワナ・チェディ」仏塔は、この世界をあらわし、悪魔が改心して、
世界を支え守っている事を表現している。悪魔は、ヤックとモック。
thai (143)
「ワット・プラケオ」(本堂)。エメラルド仏を安置する豪華絢爛な建物。
thai (144)
並ぶ事を知らない中国人に、キレまくっている係員。靴のまま上がる。
撮影禁止の本堂内で、フラッシュたいて撮影しまくるなど傍若無人な
振る舞いで、もはやカオスレベル。これでもなお門戸を開け放って、
小悪鬼どもをあたたかく迎えているプミポン国王様の懐の深さは、
仏様にも劣るまい。それに比べわしは、なんてケツの穴の小さな男
なんだろうか。
thai (147)
thai (148)
王様が、式典などを行う「チャックリー宮殿」。
thai (149)
最初に建てられ、玉座や寝台などを安置する「ドゥシット宮殿」。

豪華絢爛な王宮内を心行くまで堪能出来、「人生のとても大切な一日
となった。」と感動しているその時に、その出来事は起こった!

クソ中国人のジジイが、撮影の邪魔だ!とばかりに、わしを突き飛ばして
きやがったのだ!もうなんというか・・この神聖な宮殿内で、そのような
身勝手な暴力行為(これは、シンガポールでも同様の行動がみられた
ので、中国人にとっては、当たり前の行為)を平気で振るう傍若無人
ぶりに、あきれ果てた。わしは、ケツの穴が小さいと言われようとも!
ここにあらためて宣言する!

中国人が、大嫌いである!と

その後、出口に向かったが、同族を持っているヤカラどもが、上着を脱ぐ、
長ズボンの裾を半ズボンの位置まで、まくり上げる。パンフレットを捨てる
などの目に余る行動を見せていた。現地ガイドのドンさんも「中国人と
朝鮮人は、失礼だから大嫌いだ。」言っていた。その国のしきたりに従えず、
神聖な領域を平気で汚すような奴らは、来るんじゃねぇよ!迷惑だ!

中国人は、国から外に出るな!

その7に続く!バナークリックに、ご協力願います!

にほんブログ村

タイ旅行 ブログランキングへ
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © BATTLING ARENA all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
まとめ Powered by FC2ブログ